2021年01月17日

温水洗濯によるコストアップ

P1350239.JPG昨年の1月から開始した温水洗濯は給水回路を
給湯回路に繋ぎかえることで実現しました。
よって温水の熱源は灯油ボイラーです。

洗濯機に温水配管を追加(2020年1月)

ほぼ1年が経過したので灯油と電気のコストを計算。
年間を通じて夏の時期も温水洗濯で運用した結果です。

灯油は前年の年間使用量に対してたった14リットルの増加。
具体的には1380Lから1394Lへの増加。
これは温水洗濯で使用した灯油量とは判断できない数字。

毎日1回の洗濯で40℃の給湯を10分していたとして
1年間で60時間になるのでこんなに少ないはずはない。

灯油の使用にかかる他の要因は思いつかないので
灯油を最も消費する床暖房の利用時間の増減に
吸収される程度の消費量であったということか。

次に給湯器運転にかかる電気使用量が増加してるのに
なんと前年の年間使用量より少なくなっていた。

具体的には年間使用電力が3008㎾hから2911㎾hへと
約3%減少して過去最低を記録。
電気代は年間76765円から70205円へと約9%減少して過去最低額。

洗濯機による給湯器の運転時間が年間60時間も増えた上に、
24時間通電しているAmazonエコーやスマートコンセントの台数や
iPadの台数も増えたのに電力使用量が減少してるとは意外。

この1年で減った電気製品はなにもないし、
生活パターンにも全く変化はありません。
たぶんプラズマテレビを有機ELテレビに替えたのが要因と推測。

が、購入品リストを調べたら思い当たるものがあった。
奥さんの部屋の照明を蛍光灯器具(最大100W)から
P1370291.JPGLEDシーリングライト(最大35W)に換えたこと。
これだな。

結局、温水洗濯にしたことでのコストアップは
気にしなくていいレベルだった模様で一安心。
今後、洗濯機への給湯を水に戻すことはないでしょう。
posted by DIY建築士 at 22:12| Comment(0) | 掃除洗濯の合理化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

建築士の講習で寒かった

P1370277.JPG建築士による不正トラブルが原因で
9年前に新たな義務が発生しました.
建築士定期講習というもので3年ごとです。

これは本来必要なかった講習会で
最後に試験があって1日潰れます。

受ける時期は1年間の中で自由になるのですが
今回受けたのが先月の12月で嫌な目にあいました。

それは会場となる教室の寒さ。
窓際だったのですが窓ガラスがシングルガラス。

座ってから程なくして下半身に冷気を感じ
長テーブルだったので少し窓際から離れる。
しかし効果はなく下半身が寒いまま終了まで耐えました。

今後の対策は受講する季節を変えること。

なお、久し振りに下半身の寒さを体験したことで
防寒について再考することにしました。

P1370275.JPG体脂肪率が10%前後なのでそもそも寒さに弱い。
10年以上前から涼しい季節はユニクロの
ヒートテックのタイツを使ってます。
最も安い最も薄いタイプです。

これまではこれで十分だと思ってましたが、
P1370276.JPG最も暖かい「超極暖ヒートテック」というものに
興味を持ち正月のセール価格で買ってみました。

使ってみたところ、厚手で重いけどそのぶん暖かい。
かなり暖かいかも。

これなら12月の講習会場でもいけるかも。
いや、寒い時期はもう行かない。
posted by DIY建築士 at 17:34| Comment(2) | 病気にならない生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月09日

テレビ映り込み対策 第二段

P1350946.JPG4K有機LEDテレビは黒い映像が真っ黒なゆえに
室内が明るいとパネルに室内が映り込みます。

4か月ほど前に対策としてキッチンカウンターを
黒くしましたが完璧ではありません。
テレビ画面への映り込み対策(2020年09月)
P1370229.JPG
まだ映り込む部分が気になるので、
今度はキッチン吊戸棚のパネル。

前回同様に黒板シートというフィルムを貼り付け。

P1370225.JPG縁やパネルの隙間から見える戸棚側の白い部分は
黒いマスキングテープで隠しました。

リフォームしたかのように黒いキッチンへと
雰囲気が変わりましたが、奥さんからの
強い不満はありませんでした。いずれ慣れます。
P1370227.JPG
今回の作業で対策としてはほぼ満足。

残る映り込み対策は冷蔵庫の買い替え時に
ブラックパネルにすること。
それは10年以上先になると予測。
posted by DIY建築士 at 17:55| Comment(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

緑のたぬきで年越しそば

IMG_0496.jpgカップ麺は夫婦ともにほぼ食べることがなく、
緑のたぬきは移住後初だと思うので20年以上ぶり。

これ、奥さんが食べたいと言い出しました。
じゃ、今年の年越しはこれにしようということで
ちょっと前に買っておいたもの。

ちょっと楽しみで、久し振りに食べました。
今回はフライングで餅も入れる。

たまにはいいねということで一致。
年に1回くらいね。

IMG_0514.jpgなお、おせち料理は数年前から撤廃してましたが
今回はお歳暮的ないただきものがありました。

これが冷凍品で重箱が三段あり、年末に届いて
冷凍庫をかなり塞いでいます。隙間ありません。

数日後にアイスクリームをまとめ買いする予定なので
冷凍庫のスペースを開けたい。

そこで年越しそばのサイドメニューとして
おせちも食べることにしました。
IMG_0519.jpg前日に解凍開始する必要があり毎日一段ずつ解凍。

温めた方が旨そうなものはスキレットで焼く。

このおせち三段と雑煮で3日間を過ごしました。
4日目はスシロー。
posted by DIY建築士 at 13:04| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

シェーバーの電池寿命

P1370221.JPG6年前から使っている充電式シェーバー。
当初は毎日使って1週間ほどで充電タイミングを
示す赤ランプ点滅がありました。

それが4日ほどで点灯するように感じたので
充電池の寿命が近付いたと判断して交換用の
内蔵電池を調査の上で購入しました。

ただし使用時間が短くなっただけなので
3日しか持たなくなったら交換することにして
充電するたびに日付けをメモしてみました。

P1370223.JPGその結果・・・。
4日しか持たないということはなかった模様。
自分の時間感覚が短くなっていただけでした。
持たなくなっていたのは自分の記憶力か?

その記録を取り始めてから既に半年。
現在も1回の充電でほぼ1週間使えてます。

内蔵バッテリーはまだ持ちそうな気配。
posted by DIY建築士 at 21:29| Comment(0) | 維持管理のDIYや工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする