2018年04月22日

メープルシロップの裏漏れ

P1310086.JPGコーヒーにメープルシロップを使っています。

注ぐときにシロップがスパッと切れないことがあり、
使い終わるまでにはシロップの塊が口元にできたり、
垂れてきたり、キャップが閉まりにくくなったりします。
裏漏れが起きています。

ボトルから注ぐのはほぼ2〜3gで毎日3回。
容量が250mlなので使い切るまでに100回近くの
回数があり中盤あたりから必ず発生します。

P1310083.JPGこれは毎日のことなので何とかしたい。
容器を何とかするしかありません。

シロップを注ぎ口でスパッと切れる容器としては
蜂蜜用の専用ボトルが候補として見つかりました。
安価ならすぐ試したかったのですが割高なので保留。

そこで思いついたのが、他の食品容器。
サイズ的にちょうどいいのがこのすし酢のビンでした。
P1310082.JPG
注ぎ口の材質もシロップを弾きそうだし、
形状も問題なさそうなので試してみました。

その結果、約1か月が経過して100回程度の繰返しで
裏漏れゼロ!、毎回気持ちよくスパッと切れます。
今後はこれに移し替えればOK。
ラベルを貼り換えました。

なおキャップのヒンジ部分にたぶん寿命があり、
切れてくると思うので、このすし酢を買い続けます。

このすし酢の原料は米酢、砂糖、食塩、昆布かつおだし、だけ。
果糖ぶどう糖液や化学調味料を使っていません。内堀醸造です。
ちょっと高いですが、これで酢の物を作ると簡単でうまいです。
posted by DIY建築士 at 08:55| Comment(0) | 省エネルギーとエコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

マーマレードの時短レシピ

P1300995.JPG無農薬の夏みかんをいただくと、
それでマーマレードを作ります。

昨年、新しい製法にチャレンジしました。
それは短時間で完成させてみるというトライ。
従前はネット情報をもとに2日にわたって作っていました。
皮を茹でた後に冷蔵庫で一晩おく工程があるからです。

短縮した理由は作ろうとした日の翌日が外出のため
なんとか当日中に終わらせたかったから。

従来と異なる時短(手抜きか?)の製法は、
1.茹でた皮を一晩冷蔵庫で保管するという工程を飛ばす。(一晩短縮)
2.種を一個ずつ取らず、種の周囲ごと切り除く。(20分短縮)
3.保温調理鍋から圧力鍋への変更。(2時間短縮)
4.贈答分を含めて1年間で消費できる量で作る。
P1300988.JPG
試作では材料は夏みかん3個(1000g)と
グラニュー糖500gだけ。

この方法で作ってみたら、
開始から瓶詰めまで1時間45分で終了。
自分でも驚きの速さ。これは世界最速ではないか。

しかし工程省略による影響が一つ。
夏みかんの皮の苦味が残ります。
ビターなマーマレード。

この苦味、一般的なマーマレードとしては
NGかもしれませんが私はOKでした。
トーストやホットケーキにつけてもおいしい。
奥さんによると、ヨーグルトに混ぜてもおいしいらしい。

この苦味は好みが分かれると思いますが
中学生以下の味覚だと食べないと思います。

だから、気軽に人にあげられないので
小さな瓶で味見用ということで試してもらいました。

その後のリピート率は約6割。
自家消費だけでは余るのでちょうどいい感じ。

そして今年も同じように作りました。
今回は夏みかん6個(1400g)でグラニュー糖700g。

P1300990.JPG開始0分 鍋で湯を沸かす。
0-25分 皮をむいて茹でる。
25-45分 実を細切れにして煮る。皮を千切り
45-65分 千切りした皮を投入
65-75分 圧力(高圧側)がかかるまで弱火加熱
75-80分 高圧加熱5分弱火
80-105分 圧力抜けるまで放置
105-115分 グラニュー糖を投入して煮る
115-165分 1分加熱10分放置の繰返し(同時に瓶の殺菌処理)
165-195分 ビン詰め開始から終了まで
195-205分 全ての洗い物終了
(今回は量が多いためか3時間25分)

P1300992.JPG今回は圧力鍋の底が少し焦げた!
砂糖を入れる前なのに!(写真は重曹でふやかし後)

焦げ部分を入れない様に鍋を
変更して砂糖を投入したところ、
焦げ臭が移ることもなく、おいしく完成。
次回は火加減を厳重注意。
posted by DIY建築士 at 15:58| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

パソコンのディスク100%対策

P1050746.JPGメインで使用中のデスクトップPCは就寝時に
シャットダウンせずに休止状態にしています。

休止状態なら電源を入れれば、直前の作業状態に
復帰するので全く手間もストレスもありません。
エクセル数ファイル、ブラウザ、メールソフト、
スケジュールなどは常時開いたままに復帰。

ディスク100%.JPGしかし、今までに数回程度現われたトラブルがあり、
それは休止復帰後に数分間のディスク100%状態。
これはディスク容量がいっぱいなのではなくて
ディスクアクセスしっぱなしの負荷MAX状態。

これが起きるとSSDなのに何をしても反応が遅く、
固まったかのように使い物にならない状態になります。
CPU使用率は低いのにディスクは100%で固定状態。

10分程度放置するとディスク100%から解放されて
快適に反応する状態に戻りますが、この待ち時間は
朝の起動直後だけにイライラします。

これは休止から復帰すると何日も連続で再発しました。
ただし再起動やシャットダウン後に起動すると発生しません。

数年前に初めてこれが起きたときには
かなり調べて、Windowsの不要なサービスを停止したり
さまざまな対処を試しましたが、即解消とはならず
休止やスタンバイの機能を使わないことで対処しました。

その後しばらくして気付いたのは、いつの間にか
直っているということ。

これはWindowsの更新などが影響しているのかは
わかりませんが、数日後には解消している可能性が高いです。

よって、休止からの復帰でディスク100%が
2日連続で発生したら1週間程度シャットダウンで終了。
うっかり休止状態にしないようにメニューに出ない設定に変更。

年に1回程度なのでこれで対処することにしました。
なんとか直そうとするだけが最善の対処とは限りません。
posted by DIY建築士 at 11:24| Comment(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

遅れる・止まる時計の修理

P1300981.JPGわが家には電池が1年も持たずに
遅れていたり止まっている電池式の
置き時計がありました。

それは25年以上前に購入したものですが、
電池を交換すれば動き出すので
数か月おきにその都度電池交換をしていました。

従来であれば電池が無駄になると考えますが、
充電式のエネループを使っているので気になりませんでした。
2年前からAmazonブランドも利用開始。

エネループはタイプにより500回とか2000回とかの
充電回数で寿命になると説明されており、
寿命500回のタイプでも3ヶ月に1回の充電で
125年かかるので実質寿命なしと考えています。

ただし、止まっているのを確認したときの
電池の交換作業は面倒でした。

そこで、もしかしたら潤滑不足ではないかと思い、
潤滑剤で機械部分の摩擦抵抗軽減を試すことに。

潤滑剤は樹脂への悪影響がないシリコンスプレー。
P1300982.JPGカバーを分解するのは大変そうなので
ノズルを当てられる隙間から内部に向けて
シュッ、シュッと噴射してみました。

それだけでしたが、その後6ヶ月が経過して
全く止まることなく正確に動き続けています。

やはり潤滑不良が原因だった模様。
もっと早くやってみればよかった。
posted by DIY建築士 at 08:55| Comment(0) | 維持管理のDIYや工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

トーストサイズのスキレット

2年ほど前からキッチンのフライパンを全て
鋳造の重いスキレットに交換しました。(中華鍋は除く)

スキレットを試す(6.5インチ)
フライパンをスキレットに交換(9インチ)
すき焼き鍋がスキレット(11インチ)

だいぶ前から感じていたのは、6.5インチの
ちょっと大きいサイズが欲しいということ。
7インチがあればいい。

IMG_0613.JPG一人前の料理だと6.5インチでは
無理に押し込む感じでした。
(この写真は6.5インチ)

しかし、ロッジのシリーズでは
6.5インチの次が8インチなので大きすぎ。

スキレットは大きすぎると無駄にスペース余るし
予熱に時間かかるし、重いので大は小を兼ねない。

そこで検索して見つけたのがニトリの19pスキレット。
これは約7.5インチ。800円なので試してみました。
P1300859.JPG
ロッジよりは肉厚が薄い感じで
大きさの割に軽く感じます。(1080g)

サイズはほぼ希望どおり。
食パンサイズがそのまま焼けます。

トーストを焼いてみるとスキレット特有の焼き上がり。
やはりバルミューダに勝る香ばしさ。(少し水滴をかけてから焼く)

これでスキレットが4つのサイズになり、
料理に合わせて程よいサイズを選択できます。
一人ご飯では小さい2つのどちらかで十分。
posted by DIY建築士 at 07:41| Comment(0) | キッチンの道具や設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする