2018年02月21日

太陽光発電の事故

4点留めの太陽電池パネルが飛んだ
強風が招くパネルや架台の飛散事故

この記事は日経 xTECH有料会員限定ですが、
2018年2月24日5時まではどなたでもご覧いただけます。

最近の事故事例などから防止策を学ぶことができます。
太陽光発電が招いた惨事
posted by DIY建築士 at 09:02| Comment(0) | 施工不良に注意! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

スシローでの糖質制限

IMG_20171111_112037.jpg夫婦で糖質制限を始めてもうすぐ3ヶ月。
スシローでは制限解除ということで
従来通りに食べたい寿司を食べていますが
オーダーしないことにしたメニューがあります。

それはデザート。
IMG_20171022_110936.jpg従来は食後の楽しみでコーヒーとともに
食べていましたが、いつも量が多く感じていました。
残すのがもったいないからといって、多すぎるのを
無理して食べるのはどう考えてもやめるべき。

奥さんがやめたのは毎回食べていたラーメン。
P1300547.JPGこれも麺の糖質が大きい。
それぞれ糖質40g程度のカットになります。

デザートは帰りにシャトレーゼ直売店に寄って
アイスとかをまとめ買いすることにしました。

P1300591.JPG1個があまり大きくないので量的にもちょうどよく、
自宅で冷凍保存するので分割して食べるのもOK。
適正量で糖質も押さえられるし、100円以下が多いので
結果的にスシローで食べるより経済的。

よって、デザートとコーヒーは帰宅後の楽しみ。
アイスもいいけど86円のプリンも美味しい。

ただしまとめ買いしていると冷凍庫に
いつでもアイスがあるので強い自制心が必要。
posted by DIY建築士 at 10:31| Comment(0) | 病気にならない生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

アウディに国産部品で対処継続

P1290413.JPG奥さんのアウディA3のエンジン警告灯が点灯し、
原因がO2センサーだったので安価に手に入れた
スズキの中古O2センサーを取り付けてみました。
(詳細は過去記事にあります。)

O2センサーに実害のある障害があれば、
燃料のコントロール不良で燃費が悪化するはずなので様子を見ていました。

結果として、エンジンの不調も燃費の低下もなく3ヶ月以上が経過しました。

その燃費は以前8km/Lに届くかどうかの状態でしたが
ここ数回の満タン時の計算では8km/Lを僅かに超える状態。
どちらかというと燃費は向上しているのか?

エンジンの出力についても、いつ踏んでもいい加速をするので
エンジンの制御に支障は出ていないと判断。

ただし、コンピュータにエラーは出続けており約50km走行すると
エンジン警告灯が点灯することがわかりました。

P1290584.JPGエラーコードは「P2099」
(Post Catalyst Fuel Trim System Too Rich)

奥さんの通勤ペースだと5日ほどで点灯するので、
点灯する前にOBDリーダーでエラーを消去しています。
作業は約1分で終わります。

これで奥さんはエンジン警告灯の点灯を見ることなく
乗り続けることが可能となります。
(たまに点灯してからエラー消去あり)

そのうち、エラー消去の作業が面倒になって
純正パーツに交換するかもしれません。
posted by DIY建築士 at 12:43| Comment(0) | クルマのDIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

過乾燥でも体感的に支障なし

今シーズンの冬は外気の湿度が低いせいか
朝の出勤時(奥さん)にクルマのフロントガラスへの
着氷がほとんどありません。湯で溶かしたのはまだ2回くらい?
よってフロントガラスに毛布などをかけておく必要もなくちょっと楽。

P1300579.JPG外気が低湿度の影響かどうかは不明ですが、
最近は室内の湿度も低く、デジタル湿度計がLO表示。
測定範囲を超える20%以下で終日変わらず。

実際にどれくらいなのか気になったので
アナログ温湿度計を並べてみたら18%程度。

P1300582.JPG窓からの日射取り込みで室温が28℃近くまで
上昇したピーク時なので、これが最低湿度だと思います。
数値で判断すれば完全に加湿すべき乾燥状態です。

しかし体調的にはなにも不快感を感じないので
洗濯物などでの加湿もせずに1週間試してみました。
海外旅行時に感じた航空機内での乾燥による
鼻や喉の不快感などもなく過ごせています。

昨年までは息子の受験対策などで、
スチーム式の加湿器を使用していました。

不快感がないのは気流を発生する暖房器具がないからかもしれません。
夕方5時ころには暖房を開始しますが床暖房なので気流は発生しません。
24時間換気の運転も入浴後の数時間以外はLOWモードです。

奥さんも在宅時に湿度についての不快感はないようです。
これが1週間続いています。終日17〜19%の湿度です。
この乾燥状態は入居以来初めてかもしれません。

結果的に加湿は不要であると感じています。
ただし体感的に判断していることなので来年以降はどうなるかわかりません。

加湿器なしでいいなら、準備や収納する手間、毎日の水を補給する手間、
定期的に洗浄する手間、そして電気代が月に3千円程度も削減できます。

なお、奥さんは就寝時に洗濯物(夜に洗濯)を寝室に入れて加湿しています。
posted by DIY建築士 at 10:29| Comment(0) | 病気にならない生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

今年初めての炊飯

P1280505.JPG糖質制限メニューを始めて2か月以上経過。
ご飯を食べるのは週に2回程度になりました。
それも1杯120g(標準の8割)で昼食時のみ。

奥さんはご飯を全く食べなくなりました。
夕食時の主食は夫婦共に厚揚げや豆腐です。

不思議なのは夕食時にご飯が無くても
なんの不満も感じなくなったこと。
慣れなのかもしれません。

その結果、炊飯頻度が激減して
本日が今年はじめての炊飯。

前回炊いたのは昨年末で、6合炊くと120gが15個できて
全部消費するのに1ヶ月半かかることがわかりました。

これはちょっと冷凍保存期間が長すぎか?
消費はわたしだけだから炊く量が多すぎるかも。

よって今回は蒸気炊飯で3合。
蒸気炊飯は粒立ちのしっかり感じられるご馳走。
今後は全て蒸気炊飯でいいということか!

蒸気炊飯のレシピが完成

今回初めて玄米を0.5合混ぜましたが問題なく炊けます。
なお玄米だけは前夜から浸水しています。

IMG_0479.JPG今回炊いた理由は久しぶりにカレーが食べたいから。
昼ごはんにカレーを3皿分を作り、夕食もカレーになる。
ご飯は120gで目玉焼きを追加。
目玉焼きやオムレツはご飯の代替品になります。

3合炊飯だと、炊きたてを1杯食べて、
あとは120gの冷凍ご飯が7個。(1個だけ100g)
これなら冷凍保存は1か月以内で消費可能。
posted by DIY建築士 at 12:54| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする