2016年12月07日

ボイラーの電磁ポンプがうるさい

先日床暖房ボイラーの燃料ポンプから灯油漏れが発生して
ケースのOリング交換で漏れは解決しましたが、
その後にポンプの作動音がうるさくなりました。

ジーっという連続音がガレージ内だけでなくその背面となるキッチンでも聞こえます。
電磁ポンプで発生しているこの振動は送油管を伝わり灯油タンクまで振動させている。
でもボイラーの運転自体は正常に燃焼して床暖房は機能しています。
とはいえ、室内では以前は聞こえなかった音だし、かなり気になる。

これはもうポンプを交換するしかないと考えメーカーに部品の在庫を問い合わせると
在庫ありで定価は12000円、メーカーは売らないから販売店に注文しろとのこと。
これに送料とかも別にかかるかもしれない。
ボイラー本体ごと購入しても13万円程度だからちょっと割高感あり。

そこでDIYで直せるか試すことにしました。
うるさい作動音は電磁ポンプ内の振動音です。
触ると明らかに内部パーツが振動している。
原因は可動部品のクリアランスの拡大と考えられるので
内部のOリングの収縮を疑い交換してみることにしました。

Oリングは先日の灯油漏れの際にセットを用意したので
きっと適合サイズはあるだろうと予測。

ただし電磁ポンプの分解をするたびに送油管(銅管)を外すので
送油管の端部であるフレア加工の形状が潰れてしまい密封性を
保てなくなる可能性があります。もう2回脱着しているし。
このポンプは吐出圧力が最大1.5MPa(15kgf/cm2)もあるので
完全に密封できなければ接続部分から漏れたり滲んだりします。

P1260954.JPGそこでフレア部分を作り直せるようにパイプカッターと
フレア加工ツールを購入しました。
これでちょっと切断してから再度フレア加工が可能です。

しかし配管状態をよく見ると送油管が
ほぼ最短距離で配管されており
P1260952.JPG切り詰める余裕が無いかもしれない。
(距離的に届かなくなるかも。)

そこで燃料配管を自作できるように銅管(外径5o)と
フレア加工用の工具とパイプカッターを購入しました。
これで配管を作れるようになれば問題なし。

燃料用の配管は外径5mmの銅管です。
必要なのは25cm程度ですが最短の販売単位が10mでした。
Amazonでは最短が20m、モノタロウでは10mがあり。

P1260955.JPG銅管のフレア加工をしてみたかったので
練習として新たに作ってみました。
意外と簡単で初回から失敗せずにこのとおり。

このように銅管を準備したものの、既存の銅管を外して
ポンプ側のフレア加工を作り直せば届く可能性もあるので
フレア部分を切断して再度フレア加工しました。

それを仮組してみるとなんだか無理なく届きそうなので
送油管は既存品の再利用でOK。

次は問題の振動音の解決。
電磁ポンプを分解してみると、シャフト内部のOリングが痩せている感じ。
よく見ると摺動面は潰れて平らになっている。
しかも外径が金属部分と変わらないかも。
これがガチャガチャ動いている音の可能性が大きい。

P1260957.JPGよってこの2つのOリングを交換。
ペンチでつまんで引っ張ったら切れた。
片方はカチカチになっていました。
この写真が劣化したOリング。

交換用のOリングをセットの中から探すと
ピッタリなのがありました。
黄色い箱のOリングセットに入っていた15×2.5oを2個使用。
これは内径が15oで素材の外径が2.5oです。

P1260959.JPGOリングを交換したら組み付けがきつくなりました。
ポンプのカバーを4つのビスで均等に閉め込みます。

そして上部にフレア加工した送油管を接続。
新しいフレア加工の接続はナットをを回すときに
素材の潰れを感じながら締めていく感触あり。

ポンプの組み付けと配管を終えて、
電源を入れてポンプを作動させてみると、あれ?
電磁ポンプから作動音が何も聞こえません。
動いてない?

でも、燃焼音がボーっと聞こえるので
煙突を確認に行くと温かい排気が出ているので燃焼中。

ということは、電磁ポンプは正常に稼働している?
ここで気付きました。
正常な電磁ポンプはほぼ無音みたい。
ジーっという音は完全に消えました。

燃料配管の接続部分にも灯油漏れはないので
これで電磁ポンプの修理完了です。
なおDIY修理であることから、不測の事態に備え
今後はボイラーの内部点検を月に1回(今月は毎週)実施するように
スケジュール管理に追加しました。

P1260953.JPG今回の修理でかかった費用は
Oリングセット(2セット) 2700円
パイプカッター 910円
フレア加工ツール 2700円
銅管(10m) 2500円
合計で8810円でした。

これだけ準備しても電磁ポンプを交換するよりローコスト。
使えるポンプを無駄にしないで済んだ。
今回の故障でまた新たにDIYできることが追加。
posted by DIY建築士 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅の設備や省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

座りションが普及?

20年ほど前から座りションを習慣にしてきました。

便器や床の掃除が楽になるだけでなく、
トイレ全体をきれいに保てます。
息子には小学生の頃から座りションにしてもらいました。

最近、座りションがかなりメジャーになったようで
ドイツでは常識であるとの情報も見るようになりました。

Amazonで座りションを検索したら
様々なステッカーが売られています。
日本でも普及してきたということなのか?


P1260951.JPGわが家も来客用に貼ってみました。

Amazonには申し訳ないが、
ステッカーの画像をプリンターで印刷して
マスキングテープで貼り付け。
posted by DIY建築士 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅の設備や省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

床暖房ボイラーから灯油漏れ!

P1260941.JPG先日ガレージに入ると灯油の匂いが・・・。
給湯器と床暖房ボイラーが並んでいる場所に行くと
床に灯油が漏れていました。

漏れているのは床暖房ボイラー。
灯油は漏れてますが温水循環運転は正常です。
これは設置後16年経過しています。ついに寿命か?

場所を確認するため、前面パネルを外して、
観察したところ漏れているのは燃料ポンプ本体から。

P1260933.JPGこれはポンプだけ交換すればいいのではと考え
ポンプの品番をネットで探すも全く出ない。
ポンプメーカーのWEBサイトを確認すると
OEM先の製品は対応しないとのこと。

仕方がないのでメーカー(コロナ)に部品を注文しようと、
問い合わせ番号に電話したところ15分待っても、
「順番にお繋ぎしています。」でつながらない。

P1260938.JPG待っている間に調査再開。
灯油漏れを修理しているWEBサイトを探すと
ポンプを新品に交換しているボイラー設備業者の
サイトばかり。
ユーザーのサイトでは古いボイラーは部品が
ないと業者に言われてポンプの灯油漏れだけで
ボイラーを新品に交換されてしまう事例もあり。

しつこく探しているうちに、見つけました!!
長府ボイラーKIBF322S電磁ポンプ燃料漏れ修理

このサイトによるとポンプ本体からの漏れの原因は
ポンプカバーのOリングの経年劣化による破損。
燃料漏れをOリング交換で修理しています。

ボイラーとしての機能は正常に作動しているのだから
漏れだけ止めればいいので、これが最適な修理方法。

問題はOリングのサイズがわからないこと。
P1260939.JPGAmazonで探すと様々なサイズのセットがあるある。
材質は耐油性のあるニトリルゴム製で検討。
価格的に高くないのでセットを購入することに決定。
セットによってOリングのサイズが微妙に異なるので
万全を期して2社から購入。
これならほぼ一致するものがあるでしょう。
2セット買っても2700円。

Oリングセット到着後、電磁ポンプの分解開始。
まず、送油管のバルブを灯油タンク側で締める。
念のため消火器を準備。

P1260946.JPGこの電磁ポンプ、内部の部品がバラバラになると
戻せなくなるかもしれないので慎重に分解。

まず、上部の送油管を外してから
ポンプの上側のカバーだけ外します。

次に電磁コイルとその下にある台座を外す。

P1260943.JPGここで現れたのが漏れの原因となるOリング。
Oリングは切れておらず潰れによって密封を
保てなくなった模様。(シャフトの下端部)

外そうとしましたが潰れて固くなっており
固着している感じなので、これはそのままにして
新たにOリングを追加することにしました。
Oリングはちょうどいいサイズがセットに有りました。
(シャフトの途中にあるのが新品Oリング)

P1260945.JPG参考にしたWEBサイトの分解状態までばらさずに済んだ。

あとは元通りに組み立てるのみ。

ポンプの送油側は銅パイプのフレア加工接続なので
フレアの再加工が必要なのかもしれませんが
とりあえずそのまま再接続してみました。

運転と同時にじっくりポンプ周りを観察。
OKみたいなので、10分後、30分後、60分後に再点検。
さらに4時間後にも再確認。一滴たりとも漏れていない。
ポンプ本体だけでなく周囲にも漏れはないので修理完了。

カバーを付けてビス止め2か所。次は一週間後に点検しよう。
あと4年持てば床暖房ボイラー設置後20年だ。

ボイラーの設備業者のWEBサイトで修理例を見ていると
電磁ポンプからの灯油漏れは全て新品ポンプに交換している模様。
ああもったいない。こんなに簡単に直せるのに。

P1260940.JPGOリングセットで使ったのは14×2.5oの1個だけ。
これは内径が14oで素材の外径が2.5oです。
こちらのセットに入ってました。
耐油 Oリング セット 18種類 225 ピース(黒)

このOリングセット、当面は使い道なさそうですが
これで何でも直せそうな万能感が沸いてくる。
posted by DIY建築士 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅の設備や省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

息子は時計が読めない?

P1260904.JPG最近になってわかったこと。

息子がアナログ時計を瞬時に読めないとうこと。
これはちょっと驚きました。

通学時に使っている腕時計はデジタル。
デジタル時計を使っていることには何の問題もありませんが
大学受験ではデジタル時計は使用禁止になる会場もあるので
アナログ時計を使うしかありません。

そこで受験用にアナログの腕時計を用意したところ
瞬時に時刻が読めないだけでなく、あと何分という感覚を
針の角度で瞬時に読み取ることができない事が発覚。
数秒あれば読めるものの・・・。
高校生として、大丈夫なのか?

考えてみれば息子の目覚まし時計やipadにipodで表示される
時刻やアラームやタイマーは全てデジタル表示。

息子の時間感覚は脳内でデジタル処理をしているようで
針の角度という概念がないことがわかりました。
デジタルなら時計が横になっていても支障なく読めるという
メリットを主張してますが、そういう問題ではありません。

このままでは受験時にまずいことになるかもしれないので
通学時にもアナログ時計を習慣化することで慣れるための練習開始。

すぐにアナログ感覚をつかむようになると思いますが
デジタル世代はこういうこともあるのかと知りました。
うちだけかな?
posted by DIY建築士 at 13:47| Comment(2) | TrackBack(0) | こどもと遊び勉強する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

今日の積雪 デッキで24p

P1260914.JPG今日は朝の時点で道路面12pの積雪。

午前中で止むと思っていたのに降り続け、
夕方には道路面16p、敷地の砕石面18p、
デッキテーブルでは24p積もりました。

奥さんは息子の送迎と通勤で出かけましたが
帰ってくるまでに道路から玄関周りまでの
雪かきをしておかなければいけません。

P1260916.JPG除雪車が前面道路を通過した後でやろうと思って
待っていたら16時過ぎてからの作業になりました。
除雪車はやはりすごい威力。
玄関回りまで何とか明るいうちに終了。

明日の最低気温はマイナス8℃らしい。
posted by DIY建築士 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする