2008年06月19日

扇風機のガードは不要

P1150698a.JPGそろそろ暑くなりそうなので、
今日は壁掛け扇風機を設置(3部屋)しました。
オフシーズンは地下室に格納しています。

今までファンを覆うガードをつけていましたが、
よく考えると必要ありません。
不用意に回転中のファンに触れて怪我をすることを
防止するのが目的ですから、手の届かない天井近くに
設置している場合は心配はありません。

はずすことのメリットは以下のように複数あります。
・ガード金網の空気抵抗による動力損失の軽減。(省エネと風力アップ)
・ガード金網の空気抵抗による風切音の低減。(静音化)
・軽量化による首振り機構への負担軽減。(長寿命化)
・ガードに付くほこりを掃除する手間の削減。(時間と水の節約)
・見栄えがシンプルになり、インテリアデザイン的に改善。

今回はじめての試みですが、何もデメリットがなければいいことだらけです。
ラベル:扇風機 省エネ
posted by DIY建築士 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック