2008年11月01日

天然塩はおいしい!

P1160812.JPG岩塩とか海水塩は、料理をとてもおいしくします。
舐めて比べるとはっきりわかります。

精製塩は、強烈に塩辛いという味しかしません。
天然塩(自然塩)は、塩味が穏やかで甘みを感じます。

おいしい塩だとゴマと塩だけでご飯が食べたくなるほどです。

豆腐の冷奴も醤油を使わず、塩で食べると大豆の甘さを感じます。
てんぷらも塩で食べるほうが、素材の味をはっきり味わえます。
寿司もネタの味が引き立つように塩で食べるメニューがあります。

現在は自宅で沖縄の天然塩を使っています。
沖縄のおみやげでは、ハーブ入りとかの自然塩がありましたが
使い切るまでに数ヶ月かかるものなので、塩は問題ありませんが
混ぜたハーブなどが変質をはじめます。(酸化臭がしてきます。)
何も入っていない自然塩のパックを購入することをお薦めします。
なおスパゲティを茹でたりする塩には安価な天然塩を使っています。

医師の書いた書籍によると、
天然塩は取りすぎても高血圧などの病気の原因にはならないそうです。

病気になるのは、食塩(精製された塩化ナトリウム)が原因であり、
精製塩が体に悪い最大の理由は、塩化ナトリウム以外の
微量なミネラル分を含んでいないことにあるそうです。

天然塩には血圧を下げる効果のあるカリウム、カルシウム、
マグネシウムなどのミネラルが含まれています。

塩が国の専売制になるまでは、ほぼ全てが自然海塩だったものが、
精製された塩の専売制となり1947年(昭和22年)には
塩化ナトリウムの含有量が90%を超える塩が全体の50%を
超えるようになったそうです。

日本人が深刻な高血圧症に悩まされるようになったのは、
この頃からだそうで、現在の日本人の高血圧体質は、
国による塩の専売制に原因があるという説は本当かもしれません。

現在の精製塩は、本来の海の成分であるミネラルが除去され
99.5%の塩化ナトリウムという化学製品になっています。

安価な醤油に使われている塩もコストから考えると精製塩だと思います。
塩辛さの特徴に現れるので舐め比べることで違いをはっきり感じます。
ラベル:自然塩 天然塩
posted by DIY建築士 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック