2009年06月14日

台所せっけんのストレス

P1180631.JPG台所洗剤を合成洗剤から
台所用液体せっけんに替えましたが、
デメリットがいくつかあります。

まず、洗っているときに手を滑らせて食器を
落としそうになります。(当初、何度か落とした!)

この滑りはせっけん特有の性質らしいのですが、
合成洗剤にはありませんでした。
対策としては、しっかり持つ、しっかりつかんで洗うということしかありません。
食器洗いが多いときは、ちょっと手が疲れるかもしれません。

次に、合成洗剤に比べて泡立ちがよくない感じがするのと、
一度スポンジにつけてからの洗浄力持続時間が短いようです。
合成洗剤の1/2くらいの洗浄力持続力といった感じです。

油汚れに対する洗浄力も合成洗剤にはかなわない感じです。
合成洗剤の強力なパワーに慣れてしまったため、
スポンジでキュキュッと一度洗って油が落ちないとイライラします。
ゆすいだ後に油残り感じたことは合成洗剤では稀でした。
油汚れをティッシュなどで食器からキッチリふき取ることをしているのですが・・・。

あと、ついでに言えば香料が添加されていないのでオレンジなどのいい香りがしません。

このように無意識に使い続けてきた合成洗剤のいいところがよくわかりました。
合成洗剤は、すごい洗浄パワーだったのです。

しかし、合成洗剤がどんなに人体(すべての生命体)に、そして河川や土壌(地球環境)に
悪影響があるかを知ってしまったので、せっけん洗剤を使い続けたいと思っています。

とはいっても、完璧に実行するのはストレスもあるので、
キッチンにせっけん洗剤と合成洗剤の両方のポンプボトルを並べました。

油汚れのしつこいときだけ(5回に1回程度)、合成洗剤を使うことにしました。
何事も完璧を目指すとストレスが大きくなるし、続かなければ意味がありません。

キッチン洗剤については、合成洗剤排除率が約80%ということで落ち着きそうです。

ハンドソープについては、合成洗剤排除率100%で全くストレスがありません。
むしろ、合成洗剤のときよりいい香りで快適です。
太陽油脂 パックスナチュロン ハンドソープ 詰替用
posted by DIY建築士 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気にならない生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック