2009年09月19日

東京タワーの電磁波

P1190294.JPG東京タワーの周辺は、ロシアやイタリアの
基準を上回る電磁波が計測されています。

「しのびよる電磁波汚染」コモンズ発行
この本に書いてありました。

日本が電磁波汚染されていることは、海外では常識的に知られているようです。
日本の常識は海外の非常識ということがかなりありますが
電磁波についてもあてはまります。

電磁波被爆による小児白血病などは世界的な統計結果から
2007年にWHO(世界保健機構)が超低周波電磁波に関して
各国に予防的措置を取る勧告を盛り込んだ「環境保健基準」を作成しました。

日本では依然として高圧鉄塔や高圧線の下に住宅や保育園が建設されています。
そういった建物を観察している限り対策は感じられません。

また、日本のリニア実験線は民家のすぐ上などを走行しているそうです。
実験線の周辺では異常な光景が多数あるそうで、トンネル周辺に枯れ木が目立ったり、
民家の庭の植木が実験線のほうにひっぱられて伸びているそうです。
ラベル:電磁波
posted by DIY建築士 at 09:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 電磁波を避ける暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
電磁波をキーワードにこのブログを拝見しました。

使用されている測定器はトリフィールドメータの
様です。
この検出器は、ちょっと使用上の注意が必要です。

磁界の周波数によって、大きく表示される独自の
機能があるからです。
Posted by bemsj at 2009年09月20日 05:00
コメントありがとうございます。
磁界の周波数によって、大きく表示される独自の
機能は知りませんでした。

比較のために複数の測定器で再計測してみることにします。
ありがとうございました。
Posted by DIY建築士 at 2009年09月20日 10:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック