2009年10月23日

ひざに電磁波が!その2

R1184776.JPG我が家のガスオーブンから電磁波が
使っていない状態なのに大量に
出ていた件は対策を行いましたが、
先日測定依頼の仕事が入りました。

メーカーが同じ「リンナイ Rinnnai」なので
同様かなと思っていましたが意外な結果でした。

使用していないときの電磁波測定の結果は
なんと、ほぼゼロでした。

理由は単純で、主電源が追加されていました。
これによりコントロールパネルへの給電を止めています。
理想的な設計変更です。

我が家のガスオーブン(2000年製)の電磁波対策は
前面パネルの下にDIYで電源スイッチを追加することで
コントロールパネルへの給電を止めましたが、
2007年モデルでは主電源をパネルに追加しているので、
使用時以外は電磁波がほぼゼロでした。
そして使用後に一定時間操作がないと主電源が自動でOFFになる
切り忘れ防止対策も追加されています。

これは、節電対策なのか電磁波対策か目的はわかりませんが
とても評価できる設計変更(マイナーチェンジ)です。

なお、使用中は前モデル同様に電磁波が大きく出ますが
これはオーブン調理中のみという短い時間であり
離れることもできるので許容するしかありません。
posted by DIY建築士 at 15:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 電磁波を避ける暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガスオーブンも電磁波出てるんですか。お風呂の追いだき中も結構でてるときいたので、ガスやの対策もまだまだですね。私は目下、以下にあるような、24時間換気システムのパネルに悩み中です。

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10339019566.html

Posted by e- at 2009年11月14日 10:05
e- at さん コメントありがとうございます。

24時間換気システムのパネルは、
日々の操作に支障のない範囲で移動可能であれば
できるだけ近づかなくて済む位置までの移設が
良いかと思います。

移動が不可能であれば、単純なスイッチへの交換で
電磁波の発生はなくなる可能性があります。

電子制御のコントローラーやパネルが大きな電磁波の
発生源であることが、ガスオーブンや洗濯機などの
測定でわかりました。

何とか対策できるといいですね。

コメントに付けていただいたURLのブログ
とても参考になります。
ありがとうございました。
Posted by DIY建築士 at 2009年11月14日 13:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック