2010年02月16日

鉄塔情報!

bnr_tower[1].jpg電磁波による健康被害を防止するために
欧米では予防原則に基づいて
住宅や施設からの距離に規制があったり、
電磁波の測定値による厳しい基準が作られています。
しかし、日本にはそのような予防原則による規制はありません。
さらに、電磁波問題はマスコミでは扱えないように
政府など利害関係者から圧力がかかっているようです。

ですから、電磁波の心配をするどころか、
携帯電話のアンテナは増えるほど便利になると
思っている人のほうが多いのだと思います。
携帯電話の基地局やアンテナは、どんどん増えていきます。
これは、本来の電話としてのインフラ整備を超えて
パケット通信の全面網羅を目的として増え続けています。

突然、説明もなく自宅の近くに基地局が建設されたことで、
住民トラブルになっている事例は日本各地で起きています。

そのような中で、電磁波の心配を少しでも回避できるように
自治体がホームページで携帯電話の基地局やアンテナ等の
建設前にその計画時点で情報公開するようになりました。
これはトラブルになる前に事前に知りたいという住民の要望が
町の行政に受け入れられたことであり役場としてとても評価される取り組みと思います。

これは富士見町のWEBサイトです。トップページに「鉄塔建設情報」があります。
http://www.town.fujimi.nagano.jp/ (ページ右側のブルーのバナーです。)

この情報公開によって、建設に不安を感じる住民が周辺に居住していた場合は
建設前に説明を求めたり、代替地を探すように提案したりすることで
着工後のトラブルになる前にお互いの妥協点を協力して見つける機会に
なるのではと思います。

追記
その後、この「鉄塔建設情報」は削除されました。
この情報が公開されるのはまずいという事情が行政サイドにあるようです。
ラベル:予防原則 電磁波
posted by DIY建築士 at 14:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 電磁波を避ける暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
電磁波をキーワードにこのブログを拝見しました。
いくつかのコメントを残しておきます。

この富士見町の鉄塔情報は、私も期待していたのですが、
もうこの鉄塔情報は閉鎖されてしまっています。
Posted by bemsj at 2013年02月01日 18:53
電磁波をキーワードにこのブログを拝見しました。
いくつかのコメントを残しておきます。

この富士見町の鉄塔情報は、私も期待していたのですが、
もうこの鉄塔情報は閉鎖されてしまっています。
Posted by bemsj at 2013年02月01日 18:58
bemsjさん コメントありがとうございます。

そうでした。ずいぶん前に、
富士見町の鉄塔情報は公開されなくなりました。

とても残念です。

知らないうちに、どんどん携帯アンテナが増えそうです。
Posted by DIY建築士 at 2013年02月01日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック