2010年03月02日

携帯電話の充電器は収納

P1210606.JPG
購入当初は各種設定などで液晶画面を
表示させたままで操作していると1時間くらいで
バッテリーが減りはじめた表示が出ました。

しかし、そういったことを全くしなくなると
携帯電話のバッテリーはかなり持ちます。

基本的に携帯電話を使わないので、
携帯での通話は数日に数分あるかないかの使用頻度で
メールも1日数回あるかないかという程度です。

ですから終日ほぼ待ち受け状態だけなのでバッテリーが結構持ちます。
充電後、電源を入れっぱなしで使い続けて
8日目にやっと電池マークに消耗サインがでます。

購入当初から充電用のスタンドをデスク上に設置していましたが
そのホルダーに携帯電話をセットするのは週に1回3時間程度なので
目障りでスペースの無駄になるので収納してしまいました。
週に1回引き出しから出して充電するだけなので面倒に感じません。

充電用スタンドの電源アダプターをコンセントに差し込んでいるだけでも
待機電力を24時間消費しています。ほとんどの時間は使っていないのに・・・。
使っていないときは、アダプターのコンセントは抜いたほうがいいです。
ラベル:携帯 充電
posted by DIY建築士 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 省エネルギーとエコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック