2010年06月09日

クロスズメバチ

P1230589.JPGこの蜂は、たまに目にします。
ジバチとも呼ぶようです。
長野県ではこのハチの幼虫を缶詰にして
特産品にしているそうですが
わが家の敷地ではキイロスズメバチより
見る機会が少ないです。

P1230586.JPG昨日、玄関から室内に入ってきたので
捕獲してみました。 

せっかくの機会なので
このハチを図鑑で調べてみると
どう見ても図鑑のこの蜂とピッタリです。

P1230581.JPGスズメバチという名前が付きますが
スズメバチという印象は無く、
今回初めて名前を知りました。

今まであまり興味を持たなかった理由は、
このハチは恐怖感がないのです。攻撃性も感じなかったし。
だから、スズメバチの一種とは思わなかったし興味も持たなかったのです。

最近、蜂の図鑑をよく見ているうちに気づいたのですが
恐怖感はもしかしたら色で感じるのではないかと思いました。
それは黄色です。

キイロスズメバチも、オオスズメバチも鮮やかな黄色で、
この黄色と黒のコントラストで人間は本能的に危険性を感じる気がします。

だから昔から鉄道の踏切のバーとか縁石に
黄色と黒のシマシマを使うのかなと思ってしまいました。
ただし、蜂の中でもオオスズメバチだけは大きさだけで恐怖を感じます。
ラベル:スズメバチ
posted by DIY建築士 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック