2010年06月17日

合併浄化槽 清掃後の給水?

P1140184.JPG先週、3年ぶりに浄化槽の清掃を行いました。
汚泥の引き抜きがあるのでDIYではできないため
専門事業者にお願いしています。

実施のタイミングは浄化槽の管理会社の検査員が、
「そろそろ清掃の時期です。」と教えてくれます。
わが家の場合は約3年に1回です。(7人槽・3人家族)

清掃は、昭和時代の最初の実家のトイレを思い出すバキュームカーが来て、
長いホースを浄化槽まで伸ばして、汚泥の引き抜きをしてくれるわけですが、
当然ですが浄化槽が空っぽになってしまいます。
その後に再び水を入れないと正常な浄化槽の状態に戻りません。

「水道水を2時間ぐらい出しっぱなしで溜めてください。」と指示されます。

これはちょっともったいないので、清掃前日に
めったに入らない風呂(通常は毎日シャワー)に入り風呂の残り湯を
用意したり、洗濯物や食器の洗い物をちょっと溜めたりして、
清掃後に投入する水道水を少しでも生活排水でまかなえるようにしていました。

この対策だけでも、清掃後に約200Lの生活排水を浄化槽に投入できます。
しかし、今回はそれだけでなく業者が去った後に
ホースで流し込んでいる水道水を止めました。

わざわざ水道水を直接浄化槽に投入しなくても、通常の生活排水で、
浄化槽が満水になるのは時間の問題と考えました。

清掃の伝票を見ると、引き抜き量は約2 m3(立方メートル)です。
ちょっと計算してみると、毎月の水道使用量が約18 m3だから
1日あたりの生活排水は0.6 m3(600L)となり、引き抜いた水量は
4日で元に戻ると予測して様子を見ました。

その結果、5日目の朝に最終槽のオーバーフローレベルまで
水位が上がっていることを確認できたので、ほぼ計算どおり
4日間で約2トンの排水が溜まったようです。


水道料金は1m3につき 205円ほど請求されます。
暮らしているところが標高1200m以上の別荘地なので
同じ町内の水道使用料より1m3につき60円程度高いこともあり
できるだけ節約したくなります。

今回の対策で約2m3の水道水、経済効果で約400円を
節約したことになりますが、どうなんでしょうか?
デメリットは思いつきません?

ちょっと検索してみたら、合併浄化槽の維持管理事業者の
サイトに以下の記載を見つけ安心しました。
---------------------------------------------------
合併浄化槽は、清掃後基本的に水入れ不要です。
ご使用になったお風呂の残り水を落として頂く事で、槽内に水が溜まります。
但し、夏場などシャワーだけの方は水をお入れ下さい。
---------------------------------------------------
今後もこれでOKのようです。(約3年に1回だけの節約だけど)
ラベル:浄化槽 清掃
posted by DIY建築士 at 10:26| Comment(4) | TrackBack(0) | DIYで浄化槽の省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、維持管理に携わっております者です
浄化槽のことを検索していてたどりつきました

維持管理のマニュアルには
http://www.fujiclean.co.jp/fujiclean/pdf/ce5-10-qa.pdf
清掃が終わったら、槽内に規定水位(水準目安線)まで水を張ります。

とありますのでなるべく水は張った方がよいと思います

水を張らない期間は、槽内を汚水が循環しないため処理能力が発揮できません(5日間だけですが)
Posted by たかちゃん at 2011年02月28日 13:55
コメントありがとうございます。

清掃後はできるだけ早く規定水位に復帰するように
洗濯や入浴で排水量を増やすように努力します。

維持管理のマニュアルはとても興味深いです。
自宅の建築時にはこのような説明書を
受け取りませんでしたので
これからじっくり読ませていただきます。

ありがとうございました。
Posted by たかちゃんさま at 2011年02月28日 15:45
お世話になります、先日これをやろうとしましたが、断られてしまいました。

水が満たされないと、浄化槽ごとの仕切りが水圧で壊れてしまうからだそうです。

自宅での現場立ち会いができなかったので、しょうがないかとは思いましたが。

居れば、前日の入浴の水を排水したのですが。。。

(10人槽で6人家族)
Posted by ゆきぽ at 2013年10月02日 12:51
ゆきぽさん コメントありがとうございます。

流入側から順番に水が溜まっていくので、
片側だけ水が溜まった状態が長引くと仕切り板が
水圧で破損する可能性があるんですね。

以下のサイトでよくわかりました。
http://www.fco.co.jp/trivia/2011/05/qa-1.html

次回からは流出側に水道水を半分以上入れてから、
残りを生活排水で満たすことにします。

ありがとうございました。
Posted by DIY建築士 at 2013年10月12日 08:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック