2010年07月02日

落雷と停電

昨夜は雷がピカピカ、雷鳴がドカンドカンありました。
雷光と雷鳴の時差で判断すると、最も近づいたときで
自宅から約2km辺りに落雷があったようです。

そして、やはり停電がありました。(自宅周辺に落ちたときとは別時刻)
瞬電が2回で、1回目は約0.1秒?という感じでしたが2回目は1秒近かったです。

送電線に落雷があると、システムが瞬時に別の送電線の系統に切り替えます。
このときに0.1秒程度の時間がかかり、
その結果、落雷した場所から離れていても瞬間的な停電(瞬電)が起こります。
室内の照明が一瞬またたくので夜だとすぐ気づきます。

これはちょっとした面倒があります。
0.1秒の停電でもハードディスクレコーダーは電源が落ちました。
ちょうど、このレコーダーでCDを再生していたので気づきました。
あとリモコン式の照明器具はリセットされ点灯してしまうことがあります。
その他の電気製品は影響を受けませんでした。
パソコンは電源を落としていましたが、起動中に0.1秒くらいの停電が起きたときに
画面が一瞬ゆらいだけど大丈夫だったような記憶があります。

しかし、1秒以上の瞬電だともっと影響が出ます。

・自動運転の除湿機が通電後に電源OFFになってしまう。(実害あり)
・トイレの暖房洗浄便座がリセットされ通電後に温水OFFがONになる。(実害あり)
 ただし、トイレ3箇所のうち2箇所はコンセントスイッチを付けたので影響なし
・パソコンは確実に電源が落ちる。(作業中なら実害あり)
・照明器具はリモコンでOFFにしてた場合リセットされ点灯する。(実害あり)
・電話のTAの時刻が遅れる。(実害はない)
・給湯器の時刻が遅れる。(実害はない)

これらの影響がでるので、瞬電や停電はないに越したことはありませんが
自然災害なので仕方が無いことだと思います。
ラベル:停電 落雷 瞬電
posted by DIY建築士 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック