2010年09月04日

省エネできる合併浄化槽

浄化槽のブロアポンプは当初24時間連続運転でした。
しかしその必要が本当にあるのか?
ときどきポンプを止めるとダメなのか?
このことを思いついたのは3年前でした。
エコワットで住宅内の電気消費量を
測定しているうちに思いつきました。

ブロアの送気を止めると好気菌の活動に影響が出るわけですが
これは「間欠ばっき」という実際に使われている運転方法のようでした。
浄化槽のペーハー(PH)を測定することで送気量の適不適は判断できるようです。

試しにタイマー運転で2時間運転・1時間停止のサイクルで運転してみました。
これで支障があるのかないのかの判断が問題です。
異常な匂いでも出なければ自分では判断ができません。

合併浄化槽の定期点検が3ヶ月毎にあるので、
そのときの点検業者による状態の確認やPH測定値で判断することにしました。

実験に際しては、点検の担当者が先入観を持たないようにタイマー運転のことは
黙っておいて検査結果がどうなるかを見ることにしました。
(点検日には電源を連続運転にしておく必要あり。)

そして、2時間運転・1時間停止のサイクルで3ヶ月が経過した結果、
何のトラブルもなく「良好な状態」とのことだったので、
その後、タイマー運転で1時間運転・1時間停止のサイクルにしてみました。

その3ヵ月後の結果も何のトラブルもなく「良好な状態」のままでした。
ペーハー(PH)も毎回ほとんど変化ありません。
これで2年間様子を見ましたが、何の問題も起きませんでした。異臭もありません。
運転時間は50%で電気代も半額なので、これは十分省エネと思っていました。

しかし、今年になってもっと稼働時間減らしてもいいのではと思い直し、
タイマー運転で1時間運転・2時間停止のサイクルにしてみました。

この状態で3ヶ月稼動した状態の定期点検が6月にあり、
今回も「良好な状態」とのことで、ペーハー(PH)も正常です。
そしてさらに3ヵ月後も異常無しでペーハー(PH)もほぼ変化なしです。
わが家の合併浄化槽はブロアの稼働時間が1/3で正常に運転できるようです。

あとは最低外気温マイナス15℃前後の冬を越して異常が起きなければ、
これを最終状態にしようかと思います。

運転時間は1/3、電気代も1/3、これは超省エネと思います。
現在の電気代は約600円/月です。
このような浄化槽の省エネ運転を日本全国で普及させれば、
原子力発電所1機くらい必要なくなるのではと思います。

また、ブロアポンプの稼働時間削減は省エネだけでなく、
ポンプ自体や消耗品の寿命も延ばすようです。
実際にブロアの消耗品であるダイヤフラム(破れると音で判る)は
交換時期を大きく越え、前回の交換から6年経ちましたが
まだ交換の必要が出ていません。(前回は約4年で破れて交換)

P1210533.JPGタイマーは浄化槽用の外部コンセントに繋がる
地下室内の電源線の途中にコンセントを追加して、
そこに取り付けました。
合併浄化槽を使う地域に建築する方は計画して
電源線を配線しておくと簡単に実施できます。
ラベル:浄化槽 省エネ
posted by DIY建築士 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | DIYで浄化槽の省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は札幌に住んでいますが、大都市であっても、我が家も合併浄化槽が必要な地域に住んでいます。住環境には満足しているのですが、合併浄化槽を機能させるためのブロアの電気代が結構かかるのが、節約を志向している私にとって悩みの種でした。連続運転をするとブロアだけで毎月2400円ほどの電気代がかかる計算になります。そこでなんとかこの電気代を浮かすため、独立型太陽光発電システムを導入し、発電した電気はすべてブロアに使おうと考えています。ところがこれは独立型のため、天気が悪く蓄電できない場合は止まってしまう恐れがあります。ブロアが止まるとどうなるのかいろいろ調べていたところ、こちらのhpにたどり着いたという次第です。実験の結果ブロアが間欠状態になっても問題がないという情報は、私にとって朗報でした。良い情報を発信していただきありがとうございました。これで不安なく独立型太陽光を導入できそうです。ところで、その後も間欠運転をしているのでしょうか。また、もしそうであるなら、その後の浄化槽の点検時の評価はいかがだったのでしょうか。教えていただければありがたいです。なお、まだ浄化槽の情報しか読んでいませんので、違う情報についても読ませていただきます。この度は良い情報をありがとうございました。
Posted by 韮沢淳一 at 2013年08月18日 22:44
コメントありがとうございます。

ブロアの運転時間は1日の1/3のまま
3年以上経過しますが、3か月毎の定期点検でも
毎回良好という結果です。
デメリットは何もありません。

「浄化槽」でブログ内を検索していただければ
その後の状況も記載してありますので
参考にしていただければ幸いです。
Posted by DIY建築士 at 2013年08月19日 06:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック