2011年03月18日

システムキッチンの耐震ロック

大震災の日は出張で東京に行っており実家に立ち寄る予定でした。
関東が大揺れしたときは、すでに実家まで徒歩圏内だったので、
交通機関の混乱に巻き込まれることもなく帰ることができました。

実家での被害状況を確認すると、テレビや家具が倒れることもなく
特に被害と言った被害はありませんでした。
しかし、システムキッチンの扉が全て開かなくなったとのことでした。
それは耐震ロックのついた扉で、大きな揺れで作動するとロック状態となり
1cm程度開いた状態でロックされ、開けないので困っていました。

扉が開かなくて困っているわけですが、地震でキッチンの扉が開いてしまい
食器類が全部落ちてしまい、割れたり散乱して大変なことになった方も
多かったようなので、耐震ロックは大きな役目を果たしたのではと思います。
解除後に、そーっと開けましたが落ちてきたのは調味料のビンが1個だけで済みました。

ロックで固定されてしまうタイプの耐震ロック機構の解除は、
扉のロック部分(扉上部)を強く押し込むと解除されるタイプが多いと思います。
かなりの力で叩くように押し込まないと解除できないタイプもあります。

P1250882.JPGわが家のサンウェーブ製のキッチン扉の耐震ロックは
ボールが静止しているときだけロックが解除されている
タイプで地震で揺れているときだけロックされています。
ですから、勢いよく開けようとするとロックされます。

耐震ロック作動時に固定されるタイプの耐震ロックは、
解除する経験のない方が多いと思うので覚えておく必要があると思います。
posted by DIY建築士 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | DIYで災害に対する備え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック