2011年09月18日

石油給湯器 DIYで交換

交換工事はどうしようか当初は考えました。
本来は資格を持った工事事業者が施工することになっているようですが、
給湯機器販売サイトには、
「それほど難しくないので腕に自信があればDIYで交換できます。」
とあったのでトライしてみました。

後継機種の配管取り付け位置はほぼ同じ位置なので、
配管の移動や切断などはなく、単純なつなぎ替えです。
それなら自分で交換できそうです。
あとは浴室とキッチンの壁リモコンの交換作業があります。

配管前の準備(バルブ閉鎖)や灯油の配管のエア抜き方法や
追い炊き循環パイプのエア抜き方法を確認し
標高の高いところでの本体設定(指定の配線ケーブルを外す)など
説明書を見ながら慎重に作業しました。

P1050919.JPG配管接続で意外だったのは、
給水と温水のパイプを接続する部分の
パッキンが付属していないのです。
各種サイズを常備している設備事業者が
工事を担当することを前提にしているようです。

現在使用中のパッキンの再使用は漏れの心配が残るし、
パッキンが給湯器側に固着していれば再使用すらできません。
今回は配管を外してから気付いたので
パッキンのサイズを確認してホームセンターに買いに行きました。

思ったより時間がかかったのはリモコンの交換です。
リモコンの電気配線は既存のまま使えますが
キッチンと浴室のリモコンは取り外しと接続作業が必要です。

台所用リモコンはベース金具の交換が必要でキッチンパネルへの
穴あけ作業(ドリル使用)が必要になりました。

浴室用リモコンでは穴あけ作業の必要はありませんでしたが、
接続コードのソケットが既設のリモコンと合わなかったので
配線接続の手間が余計にかかりました。

さらに屋外排気の排気筒があるタイプなので排気筒(煙突)を
一部取り外すのにひと苦労でした。

P1050916.JPG結局すべてを含めた工事は4時間程度かかってしまいました。

工事終了後さっそく風呂を沸かしシャワーを浴びました。

やはり、たっぷりと出る心地よい温度のお湯は快適です。
多少不便な思いをすることで普段の暮らしが
どれだけ快適かをつくづく実感しました。

工事後は接続した配管部分に漏れがないかを、
給水バルブの開栓直後、1分後、10分後、1時間後と確認しましたが
問題ないので以後はたまに確認しようと思います。(灯油パイプも要確認)

給湯器を新設・交換することになったら、ネットショップで購入して、
取り付け工事は近隣の給排水設備業者に依頼するのが無難でお勧めです。

既存の配管を全く加工せずに交換できる場合のみ
DIYの可能性を考えたほうがよさそうです。

既存の給湯器と配管位置がほぼ同じ給湯器があれば
配管部分の工事は単純なつなぎ替えです。
(メーカーの製品図面を見れば確認可能です。)
ラベル:給湯器 交換
posted by DIY建築士 at 08:00| Comment(9) | TrackBack(0) | DIYで給湯器交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めましてDIYさん!
処でマンション住まい35年の私で、
先般給水管の取り替えを業者に依頼しましたが、
給湯器をご自分で交換する等私にはとても考えられません。
八ヶ岳方面に住まわれて自然に包まれた生活と言う事で、何でも遣ってやろう精神なのでしょうね。
しかし、私も心を入れ替えて頑張らねばと思いました。
またの記事を楽しみにしています。
Posted by セラちゃん at 2011年10月03日 20:56
セラちゃんさま コメントありがとうございます。

十数年前には池袋によく行ってました。
なつかしいです。

これからいろいろな記事を読ませていただきます。
Posted by DIY建築士 at 2011年10月03日 21:36
私も始めまして!
秋田の我が家の石油給湯器も10年を超えたら、
設定温度まで上がらず、交換しようと思っています。
知り合いのリフォーム店に見積もりを出してもらったら、30万円位かかるようです。
同製品をネットで購入すると15万円位です。
別のリフォーム店で取り付けだけと問い合わせしたら、故障したとき、商品か取り付け作業のためか振り分けできないので、駄目といわれました。

料金のことを考えるとチャレンジしようかな?
Posted by まーくん at 2012年03月18日 19:28
まーくんさん コメントありがとうございます。

取り付けだけを依頼されたリフォーム店が、
故障したとき商品か取り付け作業のためか振り分けが
できないというのも理解できない回答であり、
本音はネットで直接購入されては利益が減るので
好ましくないということだと思います。

通常に運転していて後日故障したとしたら、
リフォーム店でなくメーカーのサービスに連絡すれば
いいのではと思います。
(自分で交換したとは言わない)

もしチャレンジされるのであれば、
リモコンの交換が予想以上に面倒です。

浴室のリモコンは両面テープで
固定されていると思います。
コードを壁内に絶対に落とさないようにテープで
2〜3か所で壁に留めてから作業するなど
十分に注意が必要です。
Posted by DIY建築士 at 2012年03月18日 21:18
早速コメントありがとうございます。
私もDIY建築士さんと同じ考え方で、故障・不具合があれば自分でメーカーに連絡するつもりでした。
取付け上の不具合なんかそれ程ないと思っていますので・・・
まあ、飛び込みのリフォーム店でしたので、やってくれたらラッキー的位しか考えてませんでしたが。

我が家はコロナのUKB-3320TXでしたのでUKB-SA470AXP(F)にすれば、問題なく自分で出来るだろうと考えています。

心配なのは、浴槽の循環口の変え方です。
今の循環口は新しい給湯器には対応しないと思いますので、どのように変更できるか心配です。
Posted by まーくん at 2012年03月18日 22:27
まーくんさん 

既存の循環口が新しい給湯器に対応するかどうかを
購入予定のネットショップに質問されてはと思います。

私は給湯器側の配管の付け替えだけで終了したので、
浴槽の循環口はノータッチでした。
Posted by DIY建築士 at 2012年03月19日 10:29
DIY建築士さん

コメントありがとうございます。

交換に挑戦したらコメントさせていただきます。
Posted by まーくん at 2012年03月20日 07:37
DIY建築士さん

本日、石油給湯器の交換にとりかかりました。

事前にメーカーのサービスに商品を自分で取り寄せ、取り付けだけお願いできるか(いざというときはメーカーにお願いする)確認したらOKでした。

先週、コロナUKB-SA380AXPをインターネットで注文し、
本日、作業に入りました。

コロナUKB-3320TXを取り外し、新しいのを設置場所に設置し、給排水管から取付けです。
無難に終了し、次は追い炊き用配管、
(@@)なんと、配管の規格がちがうではありませんか!

リモコンは無難に取り付けOK、
煙突は高さが合わず、足りなかったため、伸縮可能なタイプをホームセンターから購入。

どうしよう、ゴールデンウイークのため、メーカーはお休み・・・

追い炊き以外でやっちゃえー

初期設定して、おー運転できた。

連休明けにメーカーに口径変更のパーツと前の給湯器の回収(もちろん有料)をお願いして完了かなと考えます。

やれば問題なく出来ました。
Posted by まーくん at 2012年05月04日 17:13
まーくんさん

DIYで交換作業されたんですね。
お疲れ様でした。

メーカーのサービスに最終サポートの
確認を取られてからの作業実施とは
不安を払しょくできる完璧な体勢ですね。
参考にされる方も出てくるのではと思います。

週明けには追い炊きも完了ですね。

当ブログがDIY作業のきっかけになったので
あれば幸いです。

報告いただきありがとうございました。
Posted by DIY建築士 at 2012年05月04日 18:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック