2011年12月02日

浄化槽ブロア小型化6か月後

合併浄化槽のブロアポンプを小さいモデルに交換してから半年が過ぎました。

浄化槽のメンテナンスに関するWEBサイトによると
浄化槽ブロアの送風量の過不足を判断する方法として
曝気槽のペーハー(pH)と残存酸素量(DO)を確認すればいいとあります。

最適pHは7.0前後(送風量が不足すると数値は大きくなる)
残存酸素量(DO)は2〜3mg/L程度で十分
(送風量が不足すると数値は小さくなる)

この状態を維持できれば、ブロアの運転時間を可能な限り短縮すべきです。

ペーハー(pH)と曝気槽の残存酸素量(DO)は浄化槽管理業者が
3ヶ月毎に測定してくれるので検査報告書で過去の状況を確認できます。

過去の検査報告書を見てみると、ブロアを24時間運転していたときには
pHが6以下、残存酸素量(DO)は9mg/L以上の記録もありました。
やはり必要以上にブロアで送風していたのだと思います。

ブロアを小型化してから6ヶ月後の今回の点検では
pHは7.2 残存酸素量(DO)は6.0mg/Lでした。

わが家の場合は送風量を80L/分から60L/分にしても問題はありませんでした。

それ以前からタイマーを使って1時間運転2時間停止を
繰り返す間欠運転にしています。

これらにより消費電力は標準運転から8割近い省エネを達成しています。
運転時間の短縮はブロアの消耗部品や本体の寿命の延長にもなります。

電気代だけでも年に1万円以上の節約になるので
年に2万円近いコストダウンになっていると思います。
ラベル:ブロア 浄化槽
posted by DIY建築士 at 14:35| Comment(10) | TrackBack(0) | DIYで浄化槽の省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家は逆洗の時間が深夜にあるようで、その時間は動かしています。

今年は、思い切って時間帯別の電灯契約にしました。

浄化槽の電気料金3分の1くらいになったかな

DIY建築士さんは時間帯別の電灯契約にしないのですか?

Posted by あさみ at 2011年12月03日 06:03
あさみさん コメントありがとうございます。

わが家の場合は夜間に使う電気機器がほとんどないので
メリットがありません。むしろ電気代が高くなってしまいます。

また、時間帯別の電灯契約条件として夜間蓄熱機器
(エコキュート・電気温水器・蓄熱式電気暖房器など)を
使用していないといけないようです。

時間帯別の電灯契約でしたら、昼の割高な時間帯に
ブロアポンプをタイマーで間欠的に停止させれば、
より節電が実現できると思います。
Posted by DIY建築士 at 2011年12月03日 16:00
ご無沙汰しています。
我が家も参考にブロワー間欠運転実験中です。

我が家には、夜間蓄熱機器はありませんが、時間帯別電灯契約していますよ。
太陽光発電所ですので、昼間の購入電気量が減るので、夜間率が24%→35%にアップしたため、お得になりました。
Posted by まっくん at 2011年12月05日 19:41
まっくんさま コメントありがとうございます。

夜間蓄熱機器なくても時間帯別契約できるんですか。

中部電力では対象が以下の条件のようです。

Eライフプラン(3時間帯別電灯)
契約容量が50kVA未満で、かつ、1kVA以上の夜間蓄熱機器
(エコキュート・電気温水器・蓄熱式電気暖房器など)をご使用になり、
当メニューを希望されるお客さま。

太陽光発電で昼間の購入電気量が減ると
時間帯別契約をさらに有利に利用できますね。

わが家では夜間時間に運転しているのは冷蔵庫と浄化槽ブロア(間欠運転)、
灯油ボイラーの床暖房(早朝3時間)程度しかありません。
家族全員が夜10時前には寝てしまいます。
Posted by DIY建築士 at 2011年12月06日 10:05
時間帯別電灯契約は可能だと思いますが、・・。蓄熱機器は割引があったり、オール電化割引の対象になるように思いますよ。

以下中国電力の料金メニューより
タイムプラン
対象
契約容量が50kVA未満で、デイタイムからナイトタイムへの負荷移行が可能であり、当メニューを希望されるお客さま。

洗濯や炊飯をナイトタイムにあたる早朝にタイマーで利用することで、夜間率をアップしています。
Posted by まっくん at 2011年12月06日 20:33
Eライフプラン(3時間帯別電灯)ではなく、
タイムプランだと夜間蓄熱機器がなくても契約できますね。

このプランは23時から朝7時までが安くなりますが
その時間帯に移行できそうな電気製品が見当たりません。

炊飯はガスで、洗濯は朝食後か寝る前なのでわが家の環境ではメリットなさそうです。

Eライフプランだと照明使用時と食事時も安いのでメリットが出そうなのですが・・・。
Posted by DIY建築士 at 2011年12月06日 21:21
我が家は東電管内ですが、中部電力でいうと
ころの「タイムプラン」に入っています。

DIY建築士さん、この契約は60Aまでは基本料金1260円なんです。現在が30A契約でしたら、そのままのほうがいいと思うんですが、50とかそれ以上だとこちらのほうがトータルでの支払いが安くなる可能性があります。

浄化槽ポンプと朝の暖房をエアコン(そちらではCOPの効率が悪いかもしれませんが)に使うと、意外と節約できます。

こちらは埼玉在住で、暖房はガス、就寝は21時ですが、朝の暖房はエアコンに切り替えたところ、朝の暖房費が半額になっているようです(まだ数字で確認はしていないのですが、市販の電気のスマートメータを見るとかなり安い)

当方はIHクッキングヒーターなので80A契約だったんです。基本料金は年間26208円でした。

スマートメーター(CK-5)をつけることによってピークカットを気にして電気使用を工夫して契約は60Aにして本料金は年間15120円になりました。

ブロアをプログラムタイマーで行うというのがこの料金プランに最適ですね。

教えていただいてありがとうございます。
Posted by あさみ at 2011年12月11日 16:44
あさみさん コメントありがとうございます。

タイムプランを効率的に利用されているのですね。

わが家は電気製品が少なく、夜間に稼働させるものが
ほとんどないので現在の30A契約のままがベストのようです。
Posted by DIY建築士 at 2011年12月11日 19:36
ブロワーの運転時間を深夜の8時間にして、7か月になります。PHは隔月7前後で透明度や臭気も全くきにならないです。6人単独槽で26W(30年で6,833kWアワー)ばっ気してきましたが、後悔先に立たず。
Posted by まき at 2012年07月24日 09:13
まきさん コメントありがとうございます。

1日8時間だけのタイマー運転で
浄化槽の状態が問題ないとのこと、
報告ありがとうございます。

わが家だけでないことが少しづつでも
判り、とても安心しました。

ブロアー運転がこの条件で済むのであれば
今後の節約の積み重ねも大きくなると思います。

なお、デジタルタイマーの場合は
内蔵電池切れで運転停止になるモデルもあるので
数年に1回の電池交換をご留意ください。
Posted by DIY建築士 at 2012年07月24日 10:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック