2012年03月20日

レンジフード照明もLED

P1070127.JPGリビングとキッチンの照明をほとんどLED化しましたが
まだ残っている白熱電球が1つだけありました。

それはレンジフード照明ですが、
電球の口金サイズがE17ということが
ネックで最後までLED化せずに残っていました。

P1070117.JPGE17サイズがネックとなる原因は価格です。
このサイズはなかなか低価格化が進まず、
E26サイズの多くの製品が1000円台になっているのに
E17サイズはほとんどの製品が2000円以上しています。
なかでも明るい製品は4000円近い価格です。

ところが先日、ヨドバシカメラでとても明るいE17サイズの
NECのLED電球が1610円で販売されていたので
採用することにしました。
ポイントが付くので実質的には1449円。
明るさ、色合い、ちらつきの有無、点灯までのタイムラグ、すべてOKでした。

ヨドバシカメラ新宿西口店はほぼ全製品の点灯状態を展示しているので
比較検討がしやすく、安心して購入できます。

P1070120.JPG交換時には、明るさが大きくなるように反射板として
照明器具内部にアルミホイルを貼りつけました。

白熱灯と同様にスイッチを入れた瞬間に点灯し、
違和感はなく明るさも同等です。
白熱電球より若干白っぽい光ですが、
このモデルはお勧めできます。



これで消費電力は、40Wから4.5Wに激減しました。
1日2時間使うとすると電気代が月に約48円の節約となるので
このLED電球代は2年半で償却できます。
精神的満足度はそれどころではないくらい大きいです。

これでハロゲンライト(一部LED電球を試用中)を除き、
1階2階、地下室、ガレージとすべての白熱電球がなくなりました。
ラベル:Led
posted by DIY建築士 at 10:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らしの照明設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもお世話様です。
きょうも至高のコンテンツですね。

ちょっと疑問なのは、amazonでは1000円切っているものも結構ありますが、これを選ばないのはどうしてでしょうか?

例えば

http://www.amazon.co.jp/dp/B0045EOWX8

ですとか

Posted by ゆきぽ at 2012年03月21日 14:22
ゆきぽさん コメントありがとうございます。

amazonでは1000円切っているものも結構ありますね。

採用する上で最優先したかったのが、明るさで
NECのLED電球は410ルーメンだったことと
実際に点灯状態で明るさ、色合い、ちらつきの有無、
点灯までのタイムラグを確認したうえで
採用したかったので店舗で見てから購入しました。

同じ物であれば今後は送料無料のamazonですね。
Posted by DIY建築士 at 2012年03月21日 15:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック