2012年05月01日

海外旅行用の電源変圧器

以前は海外に行くときは変圧器を習慣的にスーツケースに入れていました。
100Vの電気製品を使うための変圧器です。
昔はカセットテープのウォークマンの充電池を充電するのにも
100Vの電源が必要でした。

気付くのが遅かったのですが、
昨年の旅行で変圧器を使う電気製品がないことに気づきました。

旅行先で使うのは、パソコン、デジカメ、ipod、シェーバーなど
全ての電源アダプターが100〜240Vまで対応しています。
携帯用の湯沸かし器も同様です。
P1070562.JPG電気製品がグローバル化していることをはっきり感じます。

今回の旅行では持っていくのをやめましたが、
当然のことながら全く支障はありませんでした。
荷物が少しだけ軽くなりました。
フィリピンではコンセントの変換ソケットも不要でした。
posted by DIY建築士 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ときどき旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック