2012年07月03日

フローリングの床掃除

P1110299.JPGリビングの床は毎日掃除しますが
とくに負担感はなく、3分程度で終わります。
短時間で終わるのはフローリングワイパーを使うからです。
これはシンプルでとても楽です。




P1110298.JPG不織紙のペーパーを挟み込んだワイパーを
床の上を滑らせるだけなのに
埃や細かなごみに髪の毛などがよく取れて
簡単に掃除が終わります。

電気掃除機のようにモーターで吸い上げるのと違い
空気中に埃を巻き上げる排気がないので
空気環境はきれいなままで、音もなく、
電力も一切かからず、軽いので掃除中の移動も負担がありません。
ほぼ無音なので早朝の家族が寝ているときでも支障なくできます。

P1140115.JPGこの掃除方法の場合、
どれだけ楽に短時間に掃除を終えられるかは、
床にある家具(障害物)次第です。

床に置いた家具があると家具の足部分を避けながら
また低い家具の下部分はかがむ必要が出てきます。

わが家の場合はリビングとキッチンが一体化した間取りですが
掃除中に避ける家具はテーブルと座卓と椅子だけです。
壁に接した家具(AVボードや電子ピアノなど)の場合は避ける動作はほぼ不要です。
座卓の下だけはかがまなければできないのですが、片側から反対側まで届くので
一回かがんでワイパーを2往復なので5秒とかかりません。

ワイパーを部屋全体の床面で滑らせて、最後の場所はごみ箱の前です。
ここで翌日のために使い捨て部分のフローリングワイパーをいったん外して裏返します。
すでに両面が使用済みなら、その場でごみ箱に捨てます。

このような床の掃除方法だと1日1回3分で終わります。
食卓の周辺で何かを床にこぼしたようなときは、雑巾拭きをしますが週に1回程度です。

P1110300.JPG使い捨てのペーパーは100円ショップで購入しています。
1パックで30枚以上入っており
裏表を使えるので毎日使っても2か月分以上です。

電気掃除機を使うのは和室の畳だけで月に1回です。

なお、掃除の効率とは全く関係のないことですが、
無印良品のフローリングワイパー本体を使うようになってから
デザインがいいので気分よく掃除ができるようになりました。
posted by DIY建築士 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 掃除洗濯の合理化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック