2012年09月08日

携帯電話のデータバックアップ

P1140548.JPG
携帯電話は本体の紛失や故障と同時に
電話帳などのデータを失うリスクもあります。

何年も使っていればデータの蓄積は小さくなく
バックアップの重要性はかなり高くなります。

携帯電話機を紛失した場合は
電話帳・アドレス帳・メールの送受信履歴を失いますし
電源が入らなくなっても同様にデータは取り出せません。

データの残っている端末からの転送ができなければ
電話番号などを手作業で登録をする必要があるのですが
そのデータ自体が取り出せないということにもなりかねません。

ですからデータのバックアップ(コピー)を持つことをお勧めします。
マイクロSDカードにコピーして外部に保管すればいいだけで、
年に数回でもとっておけば大半のデータは残ります。
データをサーバーに保管するオプション(有料)もありますが
マイクロSDカードのほうが経済的であり簡単です。
posted by DIY建築士 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック