2013年01月09日

ガスレンジの油汚れ

P1150423.JPGガスレンジの油汚れで激しく汚れる部分があります。
それは魚焼きグリルの排気口にあたる部分で
ガスオーブンの排気口も兼ねています。
実は12年以上この部分は掃除していません。

ここは数年前に意識したときにはすでにかなりの汚れで
簡単に取れそうもない状態だったので放置していました。
とことん汚れたら部品を交換しようというズボラな考えを持っていました。

そろそろ交換してもいいかと思うくらい汚れた状態になりましたが
古い部品なので発注先を調べるのが億劫なうえにパーツ代や送料が高そうだし
金属部品を廃棄するのは再利用されるとはいえエネルギーが使われることを
考えたりでちょっと躊躇してしまい、汚れを落とす方向でも考えてみることに・・・。

奥さんからの情報で、なんだか強力そうな油クリーナがあることを知りました。
その名も、職人魂ブランドの油職人という洗剤です。
ハウスクリーニング業者のプロ用洗剤だそうです。
Amazonの評価を見るとわが家のキッチン汚れを落とせそうなので試してみました。

P1150431.JPGガスレンジから汚れたパネルを取り外し(ビス2本)
キッチンシンクでスプレーしたらすぐにドロドロ溶けました。
素晴らしい落としっぷりです。
きつね色程度の油汚れはスプレーして擦れば
1分もかからずピカピカになります。
油が落ちる様子に恐怖感を覚えゴム手袋で作業しました。
強いアルカリ性です。

P1150437.JPGしかし炭化して真っ黒になった部分は数分おいても
全く溶ける気配がありません。
こういった部分はティッシュをあてて漬け置きましたが
2時間置いても溶ける気配がありません。
炭化した部分には化学的な作用が働きにくいようなので
物理的な作用も必要なようです。

そこでキズがつくのを覚悟してステンレスたわしで
ゴシゴシ擦ると削れるように取れていくではありませんか。
ちょっと時間がかかったものの炭化した部分は
全部取れてピカピカになりました。

P1150435.JPGホウロウ処理と思われる表面は意外にも傷ついていません。
こんなに白かったのかと思える美しさ。
新品パーツに替えたと思えるくらいにきれいになりました。

業務用の製品というだけあり、この洗剤はすごいです。

今回の作業では五徳などのクリーニングにも原液で
使ったので500mlボトルの約1/3程度を使いましたが
汚れの程度によっては水で薄めても使えるようです。
業務用超強力油用洗剤 技・職人魂 油職人 スプレーボトル 500ml
posted by DIY建築士 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 掃除洗濯の合理化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック