2013年06月21日

除湿機の表示湿度は過大

地下室は高湿になる夏季の期間だけ除湿が必要です。

以前はアナログ湿度計と除湿機の表示湿度に5〜10%程度の差があるので
湿度を高く表示する除湿機の数値を優先して除湿開始の判断をしていました。
これは三菱製(+10%)の除湿機もコロナ製(+5%)も同様です。

しかし今回採用したデジタル温湿度計はアナログ湿度計の数値が一致するので
この数値のほうが除湿機の本体表示よりも信頼性が高いと判断しました。

これにより除湿開始時期が約3週間先延ばしになりました。
除湿運転の終了時期も早くなるので、大きな節電になり
電気代は年間2000円位の節約になると思います。

複数のメーカーの除湿機が除湿前の湿度を高く表示するのは
利用価値を大きく見せたいためなのか除湿性能を高く見せるためなのか
何らかの意図を感じますが、必要以上の除湿運転につながる設計であり
省エネを推進する社会にとってはマイナスの設計思想です。
posted by DIY建築士 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ローコスト地下室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック