2013年08月29日

DIYでエアコン設置 ポリシン?

エアコンをDIYで取り付けができるかを調べるために
添付されていた取り付け説明書を読んでいたときに、
必要な工具材料として「ポリシン」というものがあり、
最初はなんだかわかりませんでした。

よく読むと、銅配管を配管経路に沿って曲げるときに管がつぶれないように
管に挿入しておく部材のようです。
曲げ加工した後にこれを抜けば管を折損や閉塞させずに済むということです。
ポリシンとはポリの芯ということなのでしょうか?

ネットで調べたら、このポリシンはアンテナに使う同軸ケーブルで
代用できるとの情報を見つけたので試してみたらちょうどいい感じで使えました。

P1170779.JPGこれは直径6mm位の同軸ケーブルです。

そのまま使うと太い配管(外径9.52)に、
被服と編線組をむくと細い配管(外径6.35)に
ちょうどいいサイズになりました。

これを使ってエアコン室内機側の2か所目までの折り曲げを行いました。
その先は外壁の外側となり、直角きっちりに曲げなくてもいいので
ポリシンなしでゆっくりゆっくり曲げました。

そもそも銅配管は直角以上に曲げなければそれほど心配はないようです。
posted by DIY建築士 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | DIYでエアコン設置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック