2014年01月22日

地震対策 電子レンジ

P1190924.JPG電子レンジは胸から腰の高さに設置するため
通常はなんらかのキッチン家具や台に乗っています。

その場合は地震時の落下対策が必要なケースが多く
わが家も懸念があるまま10年以上放置していましたが
そろそろ大きな地震が来るかもしれないと思いつつの
先延ばしは精神衛生上よくないので、今回対策を施しました。

P1190928.JPG使った材料はこれです。
方法は壁にアイプレートを固定して、
レンジの電源ケーブルを束ねた部分を
フックに結束バンドで固定します。
電子レンジの電源ケーブルは太くごついので
思いのほか強度がありそうです。
ケーブルの目的外使用であることは承知の上です。

これで大きく揺さぶられても、電子レンジの後方が
3P1190930.JPGcm程度浮いたところで抑制されます。
そのときに棚の動きも抑制されると思います。

電子レンジの隣には電気トースターがありますが
これの対策は取りませんでした。
これは本体がとても軽いのでコンセントにさしてある
電源ケーブルが落下の抑制効果を発揮すると考えています。
posted by DIY建築士 at 11:43| Comment(2) | TrackBack(0) | DIYで災害に対する備え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですね、それなら簡単そう

じぶんもやらねばならないものがいくつかありありますが、面倒でやらずじまい

自己責任とわざわざ言わなければならないのは大変ですね

あと、写真よく撮れています!

F3ですと、ぼけも、きいていますね

パナソニックの一眼もあったのですね、知らなかった
Posted by ゆきぽ at 2014年01月22日 12:30
ゆきぽさん コメントありがとうございます。

地震対策はあと食器棚と電子ピアノが残っています。
そのうちやってしまおうと思いつつ
日々が過ぎていきます。

カメラは一眼ではないんです。
パナソニックのDMC-FZ38というモデルで
使い勝手がいいので日常使いにしています。
最近になってマクロのモードを使い始めました。

ただし外観は大きく一眼っぽいので
旅行に持っていくのは別のカメラにしました。
Posted by DIY建築士 at 2014年01月22日 20:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック