2014年05月08日

ステンレス給水管の落とし穴

わが家の給水システムは量水器から建物内の
分岐ヘッダーへの接続までにステンレス給水管を採用しました。
給水管には蛇腹部分があり地震などの地盤の動きにも追従します。
100年程度メンテナンス不要といわれる設計でした。

配管方法は氷点下での給水管凍結を防止するために
気温の影響を受けない地中1m程度に埋設しています。
全ての配管部分が埋設状態で住宅の基礎から立ち上がります。
これにより凍結防止のヒーターも水抜きという作業も不要です。

P1150992.JPGところがこのステンレス給水配管が築13年で
漏水を起こし、その原因はジョイント(継手)でした。

ステンレス継手の一部が腐食して
形状を保っておらず崩壊していました。
ステンレスなのに全くの想定外。

P1150953.JPGこれに対して、この部品の製造メーカーの調査結果は
「腐食した製品に異常はないので原因は土壌かも」
との報告書・・・。
それなら他の継手も腐食する可能性が?
それにしては給水管本体に全く腐食の兆候なし・・・。

漏水の心配をしながら暮らすのは嫌です。
放置できないので、埋設されたすべての当該部品を
製法の異なるステンレス継手に交換しました。

腐食した継手製品はステンレスの鋳造品です。
鋳造製品であったことが腐食の原因ではないか考えています。
溶融状態において組成的なムラが発生した可能性と
鋳造品の機械的性質(固くてもろい)が要因となる可能性です。
また組成的性質に問題があれば電蝕の可能性も発生します。

P1190189.JPG交換品として採用したのは鋳造ではなく
プレス加工で製造された継手製品です。
素材としての安定性に優れ、
パーツとしての部品構造もシンプル、
施工方法も圧着なのでシンプル。
ベンカン社のモルコジョイントです。

ステンレス給水管の継手にはこれを強くお勧めします。

漏水の発見からすべての継手の交換まで9か月を要しました。
漏水事故を起こした継手メーカーの対応が予想外だからです。

今回の漏水事故に関しては、調査結果を含めて不可解な点が
いくつかあるので別のブログにしました。
ステンレス給水管の落とし穴

なお、私が設計に関与してステンレス給水システムを採用した建物に関して
新築・リフォームともに配管に使用している継手部品メーカーを確認中です。

今回の腐食漏水事故を起こした製品を使用していた場合は
責任を持って不安解消までの対応を行います。
すべての当該継手部品の交換または代替給水管の新規埋設です。
ラベル:水道管
posted by DIY建築士 at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ステンレス給水管の落とし穴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ベンカン モルコ 凍結で、たどり着きました。
施工中の写真を見て驚きました、そちらはステンレス管を防食する概念がない地域なのだと。
メーカーでも埋設は推奨していないはずなのでは?そもそも防食テープ巻きやポリスリーブなしで大丈夫なの?ステンレスって錆びづらいだけで、錆びない金属ではないはず。
お住まいの地域では、伸縮可撓性に富むポリエチレン二層管は水道事業所に認められていないのでしょうか?
塩化ビニールでも悪くは無いのです、水抜きなどに伸縮継手を使用すれば良いのですから。写真の不凍水栓柱下部のHIVPシモクは、あまりオススメしません‥‥でも四年前の記事ですよね‥‥
Posted by Loctite at 2018年08月15日 17:48
Loctiteさん コメントありがとうございます。

埋設13年で継ぎ手(鋳造)の腐食で漏水したため
全ての鋳造品の継ぎ手をプレス品の継ぎ手に交換しました。

その時に確認した限りでは、ステンレス給水管には
全く腐食の兆候もなく外部も内面も新品同様でした。

13年の経過時点ではステンレス管の腐食を
心配する必要はなさそうでした。

それでも将来的には不安が残るのでポリエチレン管を
継ぎ手の交換時に並行して埋設しました。
次回漏水が起きたら配管を繋ぎ変えます。
Posted by DIY建築士 at 2018年08月15日 18:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック