2015年07月20日

エアコン室外機の共振音

P1230005.JPGエアコン室外機は物干しベランダです。
ここはガレージの上になります。

この位置に室外機があることで居室内への
運転音や振動は全く気になりませんでした。

しかし、エアコン運転中にガレージの中で共振音が発生していました。
ガレージ内に入ると共振音がブワンブワンと響きます。
コンプレッサーの作動時の低周波振動だと思います。

P1230003.JPGガレージ内に留まることはほぼないので実害はありませんが
気になるので共振音の解消を行うことにしました。

対策は室外機の脚部に防振ゴムを挟むだけで済むはず。
これはホームセンターのエアコン部材コーナーに
専用品として販売されてました。

脚部の設置部分に合わせてカットして、エアコン台と
室外機の間にそれぞれ4カ所に挟んで終了。

P1230004.JPG室外機をゆすってみるとゴムの柔軟性でガッチリ感が
多少失われましたが、室外機は重心が低いことと
配管によって動きが抑制されているので大丈夫。
建物自体に制振ダンパーを設置しているので
室外機の地震対策は不要と判断しました。

これでエアコンを作動させてガレージに入ったところ、
あれ・・??共振音解消どころか作動音が聞こえない?

コンプレッサー作動状態なのにガレージ内で
振動も感じられず音も聞こえません。
素晴らしい効果だ!!

室内に戻って室外機と壁を隔てた直近の場所に来ても
全く作動音がわからない。
室内では室内機の送風音しか聞こえなくなりました。

クルマのエンジンマウントと同様の効果に感じます。
今後の工事ではこれは標準施工にします。(わが家はもう予定ない)
posted by DIY建築士 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | DIYでエアコン設置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック