2016年01月09日

腕時計の電池交換(回転式)

P1240772.JPG電波ソーラーの腕時計を購入して以来、
全ての腕時計の電池交換をしなくなりました。

その他の腕時計はもう使う予定がないのですが
ダイバーウォッチだけは旅行時に使います。

20年以上前に購入したダイバー時計なので
気兼ねなく海に入れるからです。

これは数か月前から電池切れになっており、
ソーラータイプに買い換えようかと思っていました。

ソーラータイプのダイバーウォッチを探しているうちに
Amazonで裏蓋開閉用の工具が意外と安いことを発見。
電池交換を依頼することはもうやめることにしましたが
DIYでできるようになるなら1個ぐらいは維持してもいいかも。

P1240774.JPG裏蓋に当てる工具と本体を固定する工具を
あわせても2000円以下で購入できます。
(評判のいい高額なものでも)
ボタン電池も5個で送料込500円程度。

これがあれば、ずーっとDIYで交換できそうだし、
たぶん15年くらいは電池代もかからない。
予備電池は自然放電の可能性があるけどそれでもいい。

ということで、購入してみました。

やってみれば意外と簡単でした。
しっかり工具を当てればネジが固いということもなく
普通に開閉作業ができました。

P1240775.JPG作業してみてわかりましたが、最も手間がかかるのは
裏蓋に合わせる工具の爪の間隔調整(ネジ)でした。

今後もこの時計しか電池交換しないのだから
このまま保管すれば次回は調整不要で交換可能。

この時計の電池寿命はたぶん3年。
すでに20年以上使っているこの時計は
どれくらい持つのだろう。
posted by DIY建築士 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック