2017年01月31日

給湯器交換 DIYの5年後

P1050916.JPG2000年に入居して11年半の使用で石油給湯器が故障。
そして交換用の給湯器をWEBで購入するときに
DIYで工事ができそうとわかりやってみました。
クルマの整備経験があれば特に困難なことはありません。

そして石油給湯器の交換後5年以上が過ぎました。
給水温水そして燃料の配管にも漏れや異常はなし。

P1270275.JPG故障も不具合も全く起きず正常運転継続中で、
メンテナンスフリー状態が続いています。
このまま、あと10年くらい持つといい。

ただ、もったいなかったと思うのが
追い炊き機能付きにしたこと。

新築時に設置したモデルは追い炊き機能付き。
しかし年に数回しか風呂を沸かさないので
奥さんに追い炊き機能なしにする提案をしてみました。
追い炊きなくても熱い湯を足せば同じでしょ。

でも必要だというので追い炊き機能付きにしました。

が、ほとんど風呂は沸かさず毎日シャワーだけ。
風呂を沸かすのは年に5回くらい?
交換後の5年以上で追い炊きや保温機能を使ったのは数回?
年に1回2回くらいだろうか?やっぱり使わないじゃん。
追い焚き機能で節約できるのはたぶん年に数十円。

P1270278.JPG追い炊き機能ナシの給湯器なら3万円くらい安くて
別売りの浴室リモコンつけても9万円くらい・・・。
どうなの・・・次は?

今後、風呂に入る機会が増えるのだろうか。

次回も自分で交換すると思いますが
追い炊き機能の有無は改めて検討が必要です。

あ、追い炊きなしにすると浴槽から給湯器までの
既存の循環パイプはどうなる?

浴槽側で循環口に蓋をしておけばいいのか?
そうなると、塞ぐ部品とか加工が必要?

やっぱり、不要な心配やトラブルを避けるために
追い炊き配管をそのまま使っている方がいいのだろうか。

なお、次回の交換も高効率給湯器(エコフィール)にはしたくないけど
そのときに従来型の石油給湯器は製造されているだろうか。

高効率給湯器のデメリットは、機械的構造が複雑になるので
価格が高いだけでなく、故障や不具合の発生要因が増えます。

そして結露水(酸性水)の排水処理が必要で
その部分の工事や故障リスクも増える。

さらに酸性水の凍結防止用のヒーターの消費電力も追加される。
10年程度で酸性水の中和器を交換する工事費用も考慮の必要あり。
総合的に判断すると高効率なのか経済的なのか?

そもそもメーカーの説明する灯油の節約量が本当に実現できるのか、
自宅での灯油消費量と条件を比較しての検討が不可欠です。
posted by DIY建築士 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | DIYで給湯器交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック