2017年02月04日

立食で昼食の日々

P1270125.JPG息子は受験期を迎え、登校せずに
自宅で勉強する日が増えてきました。

息子は登校しない日には朝食も昼食も食べません。
理由は消化に要する体力の消耗防止と時間の節約。

P1270262.JPG消化器系に血流が優先されることで
脳の働きが低下するのは明らか。
消化に要するエネルギーも相当使うらしい。

これは勉強じゃなくても社会人の仕事中でも同じこと。
昼食後の数時間は能率落ちるどころか
眠くて仕方ありませんでした。
P1270263.JPG
息子は果物とジュース、そしてアイスコーヒーを
時々飲みながら勉強を続けます。

そうなると、私は昼食で食欲を刺激する香りを
できるだけ出さないようなメニューを選択し、
ダイニングテーブルは勉強中で使えないので、
P1270169.JPGキッチンで立食というパターンです。
ちょっと不自由ですが期間限定、仕方ありません。

調理開始から食事中まで、
「香りがあまりないけどおいしい料理」というメニュー。

食べる人と食べない人がお互いにストレスなく
同じ部屋で暮らすための食事環境として
需要があれば研究対象になりそう。
posted by DIY建築士 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | こどもと遊び勉強する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック