2017年04月19日

新電力へ変えてみる

P1270895.JPG2016年4月から始まった電力自由化。1年が経過。
新電力に乗り換えるメリットは電気料金が安くなること。

わが家は30A契約であまり電気を使わない暮らしなので、
変えてもあまり安くはならず余計な縛りが増えるだけと思い
自由化が始まって以来、変更するつもりはありませんでした。

しかし、先日試しに料金比較サイトで調べてみたら、
とてもシンプルな料金設定の新電力を発見。

毎月の基本料金がどの契約アンペアでも一律300円安くなり、
使用電気料金の設定は従来と全く同じというプラン。

これはわかりやすいし、今までどおりの使用状況で
毎月300円が確実に安くなるシンプルかつ確実な節約。

これで年間3600円の節約。
あとは放置したまま10年経過で36000円の節約。
もし、この会社がなくなっても中部電力に戻るだけ。

WEBから契約申し込みが行えて、支払いも今まで同様に
クレジットカード決済なので特に変わることもなし。
こういうことなので申し込んでみました。

電力比較サイト エネチェンジ
ここで電力会社の比較を行いました。
居住の地域と電気の利用状況に合わせた料金シミュレーションで
最適な電気料金プランをランキング形式で表示してくれるので
最安の電力会社がすぐにわかり、契約切り替えをワンストップで行えます。

なお、申し込んだ新電力は「スマ電」というプランの会社で
エネチェンジからの申し込み限定でAmazonギフト券2000円の
キャッシュバックキャンペーンを実施中でした。
posted by DIY建築士 at 10:40| Comment(3) | TrackBack(0) | さまざまな節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も同じ時期に、同じように年間3600円程度お得になる新電力へ変更しました。

ただし、自宅ではなく、家庭菜園に設置した五十鈴の丘発電所での買電を四国電力からLooop電気に申込変更しました。

待ちに待った今年4/11から申し込み開始した模様。

毎月2kWh程度で基本料が無料になり年間4200⇒600円程度にお安くなります。
余剰配線方式による太陽光発電所です。
低圧従量電灯Aからおうちプランに変更となります。

約85%割引なので、お得感がハンパでない。

さらに、無料でスマートメータ化されるので、売電量が四電コンシェルジュに登録しているおかげで遠隔監視でき、データはCSVファイルをダウンロードます。
売電は今まで通り四国電力のままです。

Looop電気からの供給開始は5/25の予定ですが、今から楽しみです。
Posted by まっくんち at 2017年04月21日 20:17
まっくんちさん コメントありがとうございます。

家庭菜園での売電量がスマートメータ化で、
遠隔監視できるのはとても便利になりますね。

このスマートメータの利便性を生かした
管理方法がどんどん普及するように思います。
Posted by DIY建築士 at 2017年04月21日 21:43
コメントに誤りがありましたので、修正します。

売電には対応していません。買電のみ対応している模様。

したがって、売電量の遠隔監視はできません。
Posted by まっくんち at 2017年05月02日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック