2018年01月15日

電気代が下がった

P1290198.JPG昨年に新電力に切り替えて以来、電気代が
月額5千円を切る月が3回もありました。
従来は年に1回あるかないかでした。

電気代、明らかに下がりました。
大きな要因は二つ。

新電力に契約変更をしたことで
基本料金が毎月300円削減されたこと。

息子が大学生になり家を出たことで
居住者が1名減ったこと。

これ以外には環境変化はなく
影響のありそうな家電品の増減もないので
他の要因は特になさそう。

今後、消費電力の削減が予想されるのは以下の電気製品。

50インチのプラズマテレビの買い替え(現在12年目)
光源がLEDになるだろうから消費電力は半減を予想。
でも使用時間が1日2時間程度なので削減量は小さい。

床暖房ボイラーの買い替え(現在18年目)
循環モーターがACモーターからDCモーターに
変更になるので消費電力が80Wも低下する。
長時間連続運転の機器なのでこの省エネ効果は大きい。

これらの設備更新で、数年後には電気料金が
年間6万円を切ることが可能かもしれません。

それとも、故障せず更に5年とか6年とか持ってしまうのか?
それならそれで、どちらでもいい。
posted by DIY建築士 at 13:37| Comment(2) | インテリア・家電・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家も5名から4名と1名減なのですが、目に見える変化がありません。
消費電力量も長男が高校2・3年の時と大学1・2年目もほぼ同じでした。
少し残念な結果となっています。
冷蔵庫が2台(19年目21年目)、更新すれば大きな省エネになると思っています。
昨年エアコン(22年目)故障により更新した。
今年は冷蔵庫1台を故障しなくても、夏までに買い替えしようと考えています。
Posted by まっくんち at 2018年01月16日 05:56
まっくんちさん コメントありがとうございます。

冷蔵庫の2台(19年目21年目)の影響は最大要因ですね。
とりあえず大きいほうの1台を買い替えるだけでも、
その省エネ性に感動すると思います。

無駄になっている消費電力のほとんどがキッチンへの
排熱ですから、夏のエアコンの効きも向上します。
Posted by DIY建築士 at 2018年01月16日 08:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。