2018年04月16日

パソコンのディスク100%対策

P1050746.JPGメインで使用中のデスクトップPCは就寝時に
シャットダウンせずに休止状態にしています。

休止状態なら電源を入れれば、直前の作業状態に
復帰するので全く手間もストレスもありません。
エクセル数ファイル、ブラウザ、メールソフト、
スケジュールなどは常時開いたままに復帰。

ディスク100%.JPGしかし、今までに数回程度現われたトラブルがあり、
それは休止復帰後に数分間のディスク100%状態。
これはディスク容量がいっぱいなのではなくて
ディスクアクセスしっぱなしの負荷MAX状態。

これが起きるとSSDなのに何をしても反応が遅く、
固まったかのように使い物にならない状態になります。
CPU使用率は低いのにディスクは100%で固定状態。

10分程度放置するとディスク100%から解放されて
快適に反応する状態に戻りますが、この待ち時間は
朝の起動直後だけにイライラします。

これは休止から復帰すると何日も連続で再発しました。
ただし再起動やシャットダウン後に起動すると発生しません。

数年前に初めてこれが起きたときには
かなり調べて、Windowsの不要なサービスを停止したり
さまざまな対処を試しましたが、即解消とはならず
休止やスタンバイの機能を使わないことで対処しました。

その後しばらくして気付いたのは、いつの間にか
直っているということ。

これはWindowsの更新などが影響しているのかは
わかりませんが、数日後には解消している可能性が高いです。

よって、休止からの復帰でディスク100%が
2日連続で発生したら1週間程度シャットダウンで終了。
うっかり休止状態にしないようにメニューに出ない設定に変更。

年に1回程度なのでこれで対処することにしました。
なんとか直そうとするだけが最善の対処とは限りません。
posted by DIY建築士 at 11:24| Comment(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。