2018年04月22日

メープルシロップの裏漏れ

P1310086.JPGコーヒーにメープルシロップを使っています。

注ぐときにシロップがスパッと切れないことがあり、
使い終わるまでにはシロップの塊が口元にできたり、
垂れてきたり、キャップが閉まりにくくなったりします。
裏漏れが起きています。

ボトルから注ぐのはほぼ2〜3gで毎日3回。
容量が250mlなので使い切るまでに100回近くの
回数があり中盤あたりから必ず発生します。

P1310083.JPGこれは毎日のことなので何とかしたい。
容器を何とかするしかありません。

シロップを注ぎ口でスパッと切れる容器としては
蜂蜜用の専用ボトルが候補として見つかりました。
安価ならすぐ試したかったのですが割高なので保留。

そこで思いついたのが、他の食品容器。
サイズ的にちょうどいいのがこの「すし酢のビン」でした。
P1310082.JPG
注ぎ口の材質もシロップを弾きそうだし、
形状も問題なさそうなので試してみました。

その結果、約1か月が経過して100回程度の繰返しで
裏漏れゼロ!、毎回気持ちよくスパッと切れます。
今後はこれに移し替えればOK。
ラベルを貼り換えました。

なおキャップのヒンジ部分にたぶん寿命があり、
切れてくると思うので、このすし酢を買い続けます。

このすし酢の原料は米酢、砂糖、食塩、昆布かつおだし、だけ。
果糖ぶどう糖液や化学調味料を使っていません。内堀醸造です。
ちょっと高いですが、これで酢の物を作ると簡単でうまいです。
posted by DIY建築士 at 08:55| Comment(0) | 省エネルギーとエコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。