2018年06月04日

散水ノズルで痛い目に合う

P1310453.JPG散水ホースは洗車時にしか使いませんが
散水ノズルが壊れて別の製品に
交換したことで痛い思いをすることが発生。

それは以前のモデルとは形状が異なり、
レバーを握ったときに開く隙間に、手の一部が
当たり、レバーを緩めた瞬間に挟み込みます。

それは親指と人差し指の股の部分。
血豆ができたかと思うくらい痛い!
本当に痛い!(その後、数時間痛い)

その後、握る位置を気をつけるのですが
次回の操作時には忘れているので、再び発生!
これは本当に腹が立つくらい痛い!

P1310452.JPGそこで、挟み込みが物理的に起きないように
該当部分をカバーしました。
パイプを結束バンドで固定しただけですが
操作性には全く支障ありません。

強いて言えばレバーの開放ロックが使えませんが
使わない機能なので問題なしです。

これで安全に使えるようになり大満足。
posted by DIY建築士 at 14:07| Comment(0) | 維持管理のDIYや工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。