2018年08月08日

靴下の干し忘れ

P1310870.JPG乾いた洗濯物を収納しようと
ハンガーから外しているときに
靴下が片方足りないことがあります。
この場合、ほぼ洗濯機に残っています。

これは奥さんが干した場合に起こります。
なぜか。

それは洗濯リングというものを入れた
ネットの下に隠れた靴下を見逃すからです。

私はその下に隠れていることを前提に
取り出し作業をするので見逃しません。

今後、奥さんの干し忘れがなくなるように
対策を考えました。

洗濯後に私が洗濯槽を確認する手順を
習慣化する案は、それ自体を忘れそうなので却下。

ベストな案は、
この洗濯リングを撤去してしまうこと。

ランドリーリングというのか。
うっかり買っちゃったんですね。
Amazonのレビューとかを見てない時代に。

そもそも効果がよくわかないまま
習慣的に十数年使い続けていました。

洗剤を使わずに済むわけでもなく
物理的な撹拌摩擦の向上くらいの
効果しかなかったのでは?

やっぱり、洗濯槽の邪魔です。
奥さんも撤去案に同意。

これでまた一つ暮らしがスッキリ。
posted by DIY建築士 at 10:16| Comment(0) | 掃除洗濯の合理化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。