2018年09月08日

ウッドデッキの床板1枚を交換

P1320025.JPG昨年あたりから気になっていたデッキの床板。

この1枚(約4m)だけが腐朽しており、
踏むと2か所でしなります。
この板材だけが劣化品だった感じがします。

場所がガレージ入口とリビングサッシの動線にあり、
歩行頻度が高い場所で、踏み抜きを心配するほどでは
ないのですが、踏み心地が気持ち悪いので
この1枚だけ交換することにしました。

5年前にデッキの改修工事をして以来初めての床板交換です。

材料は5年前の工事時に余った床板が10枚ほど
デッキ下に放置してあったもので、これが驚くほど傷んでません。

交換作業を開始して、すぐに感じたのが作業負担の軽さでした。

P1320027.JPG以前のデッキは釘打ちによる固定だったので
くぎ抜きを使い、手間も時間もかかりましたが
改修ではコーススレッド(ネジ)を使用したので
インパクトドライバーだけで簡単にビスを抜けます。
ステンレスビスだから錆つきもありません。

しかも、デッキ施工時に全ての根太にビスを
打つことをせず、間引きして1/3程度の固定本数なので
なおさら短時間で済みます。

新しい床板も固定するビスはさらに少ない4本だけ。
ビス打ちされていない根太を選んで打ち込みました。
試しに歩行して浮きや違和感のないことを確認。

P1320026.JPG最後にはみ出た部分を丸鋸でカットして、
エッジを紙やすりで少々落として終了。
予想外の20分程度で終わってしまいました。

腐朽対策については雨ざらし5年でも
傷んでなかった余剰材なのでなにもせず、
次回(3年毎で次は来年秋)のデッキ全体の
防腐処理までそのままでOKとしました。
posted by DIY建築士 at 16:16| Comment(0) | 革命的な木材防腐処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。