2018年10月30日

今年の秋は暖秋?

P1320463.JPG紅葉のピークの時期のようです。
今年の秋は暖かい感じがします。

例年では10月の半ばから床暖房をほぼ毎日
使っていましたが、今年は連日床暖房という
状態にはなっていません。

日中の日差しでリビングの室温が27℃程度まで上がるので
夕方から床暖房を入れなくても寝るまで20℃以上を維持。

朝方にタイマーで床暖房を入れるとしても5時から7時まで。
これは天気予報の翌朝の最低気温で判断しています。

現時点ではこのような利用状態なので
灯油の消費量が明らかに抑えられています。

記録を見ると灯油消費量は年間1400 L が過去最低でしたが、
今年は1300 L 台になるのがほぼ確定です。

昨年と一昨年は息子の受験勉強対策で床暖房を夕方から
朝まで連続運転していたため年間1500-1600 Lでした。

灯油の価格が上がってきているのでちょっと助かる。
posted by DIY建築士 at 09:19| Comment(0) | リゾート地の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。