2018年11月26日

エルニド旅行記 その1

IMGP0007.JPG今回のエルニド行きはひと月ほど前に決まりました。
その理由は私が奥さんに以下の提案をしたからです。

お互いの両親が今は元気だけど、年齢的に介護や
看病などの対応が必要になるのは時間の問題であり、
そうなれば海外旅行など行けなくなりそう。

だから残りの人生でしておきたかったことを
今のうちにした方がいいかもね。と提案。

その後すぐにエルニド行きの旅行が決まったのでした。

従来の海外旅行は1年ほど前から奥さんが計画を練って
行き先の調査からホテル航空便の手配まで行っていました。

今回は奥さんが職場で取れる休みの日程に
合わせるためには準備期間が短すぎて
行き先のホテルで希望の部屋が取れないようでした。

ただし旅行代理店のツアーにするとホテルの
希望の部屋がとれるため、代理店を使うことに。

そうなると選択肢がなくなり
全てがあっさり決まったようでした。

旅行当日は代理店から送られてきたプリントと
パスポートを持って空港に行くだけ。

荷物は機内持ち込みの手荷物を各自1個。
これにより航空機を降りた後に荷物受け取りの
待ち時間がなくなりスピーディーに行動できます。

IMG_20181117_224249.jpg出国便は羽田空港でした。
八ヶ岳の自宅から4時間ほどで到着。

出国審査に無人化レーンがありました。
パスポートを開いて読み取り台に当てるだけ。
顔面認証で審査が終了するようです。
全く並ぶことなく数秒で終了。
出国のスタンプは押されません。

出国手続き後にモスバーガーで夕食。
羽田を離陸するのは深夜2時10分でした。
離陸後1時間ほどで機内食。
マニラまでは5時間ほどで到着。
時差は1時間で現地時刻は午前6時すぎ。

到着後は現地スタッフに国内線の空港に
送ってもらい、8時まで搭乗手続き待ちでした。
なぜか VIP ラウンジという部屋に案内されましたが
軽食はあるものの雰囲気はVIPではありません。
エルニドリゾートの利用客専用のラウンジらしいです。

IMG_1990.JPG国内線の出発は10時で読書で過ごしました。
搭乗したのはエルニド行きのプロペラ機で
内装が新しくてきれいでした。
意外とエンジンが静か。
エルニド空港まで1時間15分の飛行でした。

IMG_2026.JPGエルニド空港に降りると、
クルマで船着場まで10分ほど移動します。

ボートに乗って約1時間でラゲン島という
ホテルが一軒だけの島に着きました。
水上コテージです。
IMG_2141.JPG
昼過ぎに到着したので、
チェックインの後はランチビュッフェ。
メニューの内容的にはふつうといった感じ。
あまり期待しないほうがいいレベル。

IMGP0018.JPGこの日はサンセットクルーズに参加。
スタッフが旅行者のカメラやスマホで
ガンガン写真を撮ってくれる。

その後はディナービュッフェに行きました。
この日は日曜日のためかガーデンビュッフェで
久しぶりにリゾート気分を味わえました。

これで島での1日目は終了。
posted by DIY建築士 at 19:13| Comment(2) | ときどき旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございます

できましたらどこのツアーか
お教えいただけますでしょうか?

エアはフィリピン航空ですね
私はCAに服に
ジュースをこぼされた経験があります・・・

Posted by ragen at 2018年11月26日 19:36
ツアーの代理店は
ファイブスタークラブという会社です。

ちょっと困ったことがあったので
後ほど記事にします。
Posted by DIY建築士 at 2018年11月27日 09:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。