2018年11月29日

エルニド旅行記 その4

P1320518.JPGラゲン島で3日目の夕方に、
ホテルから渡された台風情報。

島に直撃コースで出発日は
ボートが出せないであろう。

日程どおり帰れない可能性が大きいが、
旅行代理店の現地担当者からの連絡はない。
電話もメールもない。

島からボートが出せなくなるかマニラ行きの
国内線が欠航すれば帰りの国際線に乗れなくなり、
その後の全てのホテルと航空機の手配と料金が自己負担。
帰国までの日程も費用もどうなるか不明となる。

そうなる可能性が高いのに連絡もなく、
選択肢を説明することもなく放置するのか。
フィリピン在住の担当者に対応力がないのか。

二人で今後の選択肢を検討した結果、
1日早くチェックアウトして台風が来る前に
ボートでパラワン島に入り国内線でマニラに向かうことにした。

マニラは台風のコースから完全に外れているので
マニラに到着できれば帰国便の国際線には
日程どおり乗れるのはほぼ確実。

旅行代理店の担当者にこちらから電話して
日程の変更を伝えたいがつながらない。

携帯電話も部屋の電話もフロントの電話も
代理店担当者の携帯電話にはつながらず、
ホテルスタッフのスマホから電話して
取り次いでもらった。
IMG_2307.JPG
その後、ホテルのフロントで本日12時発の
国内線LCCの予約を取ってもらう。
ホテル出発が9時30分で朝食の時間が取れた。

乗船前にライフジャケットとポンチョを被る。
IMG_2349.JPGパラワン島までボートはハネっぱなしの走行状態。
小さな子供がいたら落水を心配する程の揺れだった。
大きなうねりを超える際はスロットルを絞る。
操船の腕はよかった。

全員ポンチョを被っていたが
波しぶきで数人のズボンは濡れた。
これがラゲン島の最終日(4日目)。

パラワン島に上陸した後は
空港までは送迎のクルマで10分ほど、
リゾートホテル専用ラウンジで搭乗待ち。
12時00分発のマニラ行きに乗る。

マニラに到着後、ゲートを出てから
ピックアップのスタッフが見つからない。
20分待っても見つからず、二手に分かれて
探すも迎えに来ている様子がない。

携帯電話が繋がらないので奥さんは
ゲートを戻り空港内で公衆電話を
探すも、無いと言われて戻ってくる。

40分以上経過したので送迎は来ないと判断、
自ら当日の宿泊ホテルを手配して移動せざるを得ない。

とりあえず、タクシー乗り場を仕切っている
おばさんに事情を話すと国際空港に近いホテルまで
タクシーを手配してくれるとのこと。
タクシーの料金は現金のみで5ドルを支払う。
ほんとに泊まれるのか不安なままタクシーに乗る。

IMG_2414.JPGホテルには15分程で到着、
部屋もすぐに取れて一安心。
国際空港まではホテルのサービスで
送ってくれるとのこと。
簡易な朝食付きでツインベッドで二人で約8500円。
これでもう旅行代理店と連絡つかなくても問題なし。

IMG_2357.JPGホテルで一息ついたところで旅行代理店の
担当者から奥さんの携帯電話に着信あり。
向こうからは電話がつながるんじゃないか!

奥さんが状況を説明したところ、
代理店で手配したホテルのキャンセル料金が
かかるかもしれないとのこと。
ピックアップの日程変更も外注代金が
別途かかるようなことも言われたらしい。

到着時のピックアップができなかった事を棚に上げて
ホテルのキャンセル料金を顧客に押し付けるのか?

確認して連絡するとのこと。
これがツアー客のピックアップに失敗した代理店の対応か?

電話に出たのは妻で、その後の電話を待つこととなる。
電話が来たら私が担当者と話すつもりだったが
その後、一切の連絡はなかった。(帰国後もない)

IMG_2392.JPG夕方になり暗くなる前に、
近隣のフードコートに出かける。
現地通貨のペソは700しか持っておらず、
これで夕食を終わらせようと思っていたが
4店舗をハシゴして半分も使わずに腹一杯になった。
何でも安いのが楽しい。
ただし半分は旨くなかった。
IMG_2399.JPG
翌朝はホテルのサービスの朝食。
ダイニングに行ったら6つのメニューから選ぶ
弁当みたいなものとバナナとコーヒーだった。
弁当のようなのは全てジョリビーのパッケージ。

IMG_2398.JPG二人で別のものを食べたが、変に甘くて
変な油を使ったような香りでまずかった。
ほとんど残して、バナナを食べた。

11時までは読書とスマホのネットで過ごす。
wifiが離島とは違い高速でサクサク繋がる。
IMG_2400.JPG
11時にチェックアウトして空港まで送ってもらう。
親切で代理店のサービスと変わらない。

国際線のチケット発券後、待ち時間に
SIOPAO(肉まんみたいなもの)とコーヒーを飲む。
IMG_2422.JPGあとは読書で過ごす。

14:20に搭乗、15:13に離陸。

シートのモニターで映画を見る。
オーシャンズ8。
モニターはiPadのようなタイプで画質が良かった。

IMG_2431.JPG映画の途中、離陸後40分程で機内食。
白身魚のフライでまあまあ。
アップルジュースを一緒にもらう。

二本目の映画の終わる直前に成田に到着。
ちょっと予定よりも早いので、急げば
今日中に帰れる電車に乗れそうとのことで急ぐ。

機内持ち込み手荷物だけなので
降りたあとは一度も立ち止まる事も
並ぶこともなく、入国審査は
機械端末で顔面認証で数秒で終了。
税関もパスポート見せるだけで終了。

今までにない速さで空港から出た。

そのままスカイライナーの窓口で
チケットを購入してホームに向かう。

IMG_2439.JPG機内からスカイライナーの
ホームまで15分程で驚きの速さだった。

日暮里で降りて、山手線で東京駅に向かう。
東京駅でコンビニに寄りサンドイッチと
おにぎりとドリンクを二人分購入。
特急カイジの中で食べる。
IMG_20181122_214441.jpg
特急は甲府どまりで 23時41分に到着。
17分待って在来線の中央線に
乗り換えて小淵沢に00時38分に到着。

歩いて20分ほどの駐車場に向かう。
氷点下近い寒さの中、手袋が欲しかった。

クルマに乗って帰る。
自宅は冷えていた。

今回の旅の教訓
天候によるスケジュールの変更などが生じると、
自らの判断で行動することに対して
旅行代理店の存在は足かせになる。
posted by DIY建築士 at 19:21| Comment(1) | ときどき旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
詳細旅行記ありがとうございました

何とかいていいのやらですね・・・

ツアーにしている意味が無いですよね。

私がエルニドに行く時は個人手配にしてみます
Posted by ragen at 2018年11月30日 19:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。