2018年12月21日

灯油缶ノズルの延長

P1320698.JPGガレージ内に設置した200 L の灯油タンクは
二段ベッドを重ねて設置しています。
タンクの上部空間を有効利用できます。

ただし給油時にポリタンクがフレームと
干渉するため、給油ノズルを少し延長する
必要がありました。

ノズルを途中で切断し、同じノズルを接続しています。
接続部分は密封しないと給油中に漏れてくるので
ビニールテープを巻いていました。

テープは1年程度で密封性がなくなり漏れてきます。
その都度、巻きなおしをしてきました。

P1320694.JPG思いついたのがグルーガンでホットメルト接着。
ノズルはポリエチレンなので強固に接着できそう。

試してみたところ、全く漏れずに給油できました。
あとは耐久性が5年とかあれば十分。

P1320700.JPGあと、給油の度に思うのは、
給油時間を少しでも短縮したいこと。

20L缶を5缶給油すると10分程度かかり、
タンクを支えている状態が結構きつい。
しかも給油の季節は寒いので短時間で終わらせたい。

そのためには太いノズルが欲しいのですが既製品にはなさそう。
先端まで同じ太さのノズルなら若干短縮できるはず。
もう1本延長すればいいのかも。

耐久レースのクイックチャージャーみたいに
ガーっと落ちると速いんだけど・・・。
posted by DIY建築士 at 18:21| Comment(0) | 維持管理のDIYや工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。