2019年02月26日

携帯電話とスマホの統合時期

P1330087.JPG現在は夫婦ともに携帯電話とスマホの2台持ち。

携帯電話はソフトバンクで月々約1000円。

スマホはデータ通信専用SIMなので、
「ゼロSIM」の利用で毎月500MBの無料範囲。
奥さんは「FREETEL」の使った分だけプランで
毎月324円から540円で納まっています。

夫婦が各2台持ちの4台合計で月に2500円程度。

通信規格の世代交代や端末2台の軽量化、
そして通信料金を抑えるためにも、
いずれはスマホ1台に統合しなければなりません。

契約変更で重要なのは違約金の有無。

ソフトバンクのウェブサイトで
解約料金の不要となる時期を調べてみました。

ホワイトプランは2年ごとの更新だったので
次の更新は来年6月。そんなに先なのか!

それを待たずに解約した場合は、
ランニングコストで回収できるのか?

ちょっと調べてみました。

ソフトバンクのホワイトプランの契約解除料金
25ヵ月目 〜 26ヵ月目に解約:不要
27ヵ月目以降に解約:10260円(税込み)

10年以上も同じ機種で契約してても
これだけ解約を抑止しようとするのか。
それとも解約金が意外と大きな利益になっているのか。

こんな金額では今月解約して15か月を費やしても
コストダウン分では回収できない。

音声とデータ通信ができるSIMを月々700円で
利用できてトントンの計算。

これでは無料解約月でなければ完全に無理。

よって、契約解除料金が発生しない来年6月に解約を予定。

それまでは音声電話は夫婦2台でガラケーで継続。
これで当面は迷わないし考えない。
posted by DIY建築士 at 10:34| Comment(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。