2019年06月07日

CATVの光回線になった

回線速度201612.PNG先日CATVのケーブル工事が行われ
ネット回線が光回線になりました。
右の画像は工事前の回線速度です。

従来の速度でも不満を感じない20Mbpsでしたが
光回線になると最大速度は1Gbps。

テレビ・電話・ネットをセットにした料金が
なぜか従来よりわずかに安くなります。

今回の工事では交換するLANルーター(ONU)が
無線機能付きとのこと。

まずはその機能を使って無線で接続してみました。
その結果、速度は15から80Mbpsの間で測定するたびに
変動しており、なんだか気持ち悪い。
平均すると50Mbpsくらいだろうか。

ルーターの設置が2階の天井近くでパソコンの位置が
1階だから電波強度(設定は最強)が十分でないのかも
しれないと思い、試しにiPadを持って至近距離に
近づいたところで測定したら120Mbpsが出ました。
やはり電波強度が弱いようです。

これでは既存の無線LAN親機を使ったほうが良さそう。
ただし有線接続の規格が最大速度100Mbpsの製品なので
ONUとのLANケーブル接続がボトルネックとなり
100Mbpsが上限となります。でも電波は強く安定しています。

有線接続が1Gbps規格の製品に替えれば
さらに高速で接続できるとは思いますが
ネット情報を見ていると20Mbps以上あれば
速度の差は体感的にはわからないようです。

だから100Mbps近く出れば十分と判断し
既存の機器を使うことにしました。

2019-06-07_09h40_33.jpg接続して回線速度を測定してみると95Mbps。
製品規格のほぼ最高速度が出ています。
(送信出力は50%にしています。)

朝でも昼でも夜でも、いつ測定しても
95bpsから93Mbpsで安定。
回線の利用状況がガラガラなのだと思います。

体感的に速くなったのは上りの速度。
従来は2Mbps程度だったのが70Mbpsまで上がり、
ファイルや写真のアップロードが快適。

標高1200mの別荘地なので、光ケーブルのネット回線なんて
来ないと諦めていましたが、都会と同じような環境になりました。

なお、今回の工事でテレビは4Kで映るらしいのですが
当面は4Kテレビに買い換える予定はありません。
posted by DIY建築士 at 12:47| Comment(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。