2019年06月16日

DIYでホイールレンチ延長

P1330708.JPGガソリンスタンドでタイヤの組み換えをすると
毎回困っていたのがホイールボルトの締めすぎ。

インパクトレンチでガンガン締めてます。
その後にトルクレンチで確認してます。

これを締めるには腕力でも体重かけても困難なのです。

これを放置すると、パンクなどで路上でタイヤ交換が
必要になっても車載工具では交換が不可能です。

よって自宅で改めて規定トルクで締め直します。

十字レンチで渾身の腕力をかけながら足蹴りを
同時に行うことでやっと緩む感じです。
失敗するとケガしそうな状況。

締め付けトルクを緩くしてもらえばいいんだろうけど。

作業する彼らにとっては日々の通常作業であり、
締め付けトルクについて問題ないと思っているはず。

そこを指摘されるのは不愉快に感じると思うので、
こちら側で対処すればいいと思ってしまうのは
日本人的発想なのか?

今までの手持ちの工具では、十字レンチでも
スピンナーハンドルでも渾身の力が必要で手は痛くなるし
汗をかくし、翌日は体が痛くなるしで気が重くなるのでした。
緩めるのが1本か2本ならまだしも、1台で20本ですからね。

そこで考えていたのが柄を長くすること。
長さはパワー。既存のスピンナーハンドルに
パイプを繋げればいいと思いホームセンターで
延長用のパイプを探してみました。
IMG_20190529_123132.jpg
そこで突然思いつきました。
あ、物干しパイプっぽい太さだな。

引っ越し時に持ってきた物干しが
使うことなくガレージに置いてありました。

ステンレス物干しの外径を測ってみると29o。
使えそうなので適当な長さでディスクグラインダーで切断。
P1330709.JPG
端部は面取りして、スピンナーハンドル側には
キズ防止に散水用のホースを被せました。

これがピッタリでちょうどいい感じの延長に成功。
スピンナーハンドルの支点から端部まで34pでしたが
パイプ接続で2倍の70p。

これなら半分の力で緩むはず。
P1330711.JPG
すぐにでも試したいものの、現時点では
試すべき締めすぎボルトがないため
年末のタイヤ交換時に試すことになります。

ちょっと楽しみだけど、パイプが割れるかも。
posted by DIY建築士 at 15:51| Comment(2) | クルマのDIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

今、ちらっと調べてみたところ、VWのホイールボルト規定トルクって140N・mなんですね!
audiも同じホイールボルトを使用しているようなので、同じトルク設定だと思います

もちろん、人によって筋力や体重等条件が異なりますが、十字レンチで14`はかなり厳しいです
ブログ中にある「腕力目一杯+足蹴り」が恐らく規定トルクです
ご紹介されているように工具を長くするしか策はないと思います
出先での使用に対応する為には、延長パイプはベストだと思います
実際に使ってみないと判りませんが、物干し竿だと肉厚が薄いかも!?ですね
ウチも延長パイプ使いますが、肉厚1o以下だとベコベコになってます(力はかかります)


気になる点が、スタンドでインパクトで締めた後トルクレンチを使う際にボルトは少し回転していますか?
全く回転しないで、ただカチカチしてるだけなら、トルクレンチの意味ないです
オーバートルクはトルクレンチで検出できませんので、トルクではなく締め忘れを確認してるだけになります

細かい話ですが、静摩擦>動摩擦の話もあり、ボルトが回転している最中にトルクレンチがカチッと反応しないと設定トルクにならないです


ウチは国産車なので103N・mが基本です
それでも体力の衰えにより十字レンチだとしんどくなってきたので、去年60cmくらいのトルクレンチとインパクトレンチ+トルクリミッターを使い始めました
トルクリミッターのおかげでインパクトでしっかり締めても80N・m程度になり、トルクレンチで103N・mに締めます

ホイールナット締め/緩めは格段にラクになりましたが、ホイールをカーポートからビルトインガレージ(バイク用)に運ぶのがしんどいです。。。
Posted by kkuro at 2019年06月20日 11:35
kkuroさん コメントありがとうございます。

スタンドでのトルクレンチ作業は
締めすぎボルトをカチカチしてるだけです。
締め忘れ防止にはなっていますが・・。

VWとaudiの規定トルクは取扱説明書では
120Nmなので明らかに締めすぎてます。

インパクトレンチ+トルクリミッターはいいですね。
締め/緩めが格段に楽になりますね。

ホイール運びが体力的にだんだん負担に感じるのと
同様に、従来できていた力作業が徐々に心配になり
工具に頼る方向に向かいそうです。
Posted by DIY建築士 at 2019年06月20日 15:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。