2019年06月28日

ど忘れで無駄な動きが増える

autodraw 2019_6_28 12_37_11.png自宅でリビングから別の部屋に
行ったときに、本来の用事以外のことを
先にしてしまうことが時々あります。

この場合、目的外のことを終えたときに
あれ?何しに来たんだっけ?
となることがよくあります。

さらに、目的の場所に来た瞬間に
あれ?何しに来たんだっけ?
となることまで、時々発生するように・・・。

その場ではどうしても思い出せなくなっても、
諦めて引き返すとなぜか思い出します。
(引き返すと必ず思い出す)

これは記憶障害か?
なんかマズイのではないかと思っていましたが
後で思い出すのだからまあいいかと受け入れました。

若い頃であれば、できるだけ効率的に無駄なく
動くことがベストであると当然のように考えていました。

だから、行動中の目的忘れなどは想定外で
時間の無駄、行動の無駄と考えてしまいます。

しかし最近は運動不足の解消というメリットが
あるではないかと思えるようになり、まあいいかという境地。

忘れて再行動=運動不足の解消でメリット

時間に追われないで済む暮らしだから、
成り立つ老人的思考なのかも。

というか、そう思えないとストレスで体に良くない。
posted by DIY建築士 at 12:44| Comment(0) | 病気にならない生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。