2019年07月05日

ロールスクリーンの引手交換

P1330835.JPG窓のロールスクリーンを下げるときには
引手のボールを持って引き下げます。

このボールは樹脂製で非常に硬いものです。
揺れてガラスや壁に当たるとカツンカツンと
不快な音がします。

掃き出し窓では、これが床に当たる音も不快です。

P1330504.JPGさらに床まで下げた状態で、ボールをうっかり踏むと
ヒノキの床板が凹むなど、快適とは言えない材質でした。

19年が経過して、今さら思いついたのが材質変更。

ワインのコルク栓がちょうどいいのではと思い、
切って穴を開けて面取りして交換してみました。
紐の結び目が内部に隠れるように穴開けは二段階です。
P1330508.JPG
これで使い勝手が劇的に良くなりました。

つかむときには滑りにくい天然素材だし、
さわり心地もいい。

P1330506.JPG床に当っても無音だし、踏んでも床を傷めない。

振れて壁やガラスにあたってもほぼ無音。
自然素材なので見栄えもいい。

最初からこういう素材ならよかったのに。
posted by DIY建築士 at 07:29| Comment(0) | 維持管理のDIYや工夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。