2019年08月09日

エアコンつけっぱなしで節約

P1260316.JPGここ標高1200mの別荘地では真夏でも
気温が30℃を超えることはほぼありません。
2000年に移住以来の最高気温は昨年の32℃です。

昨日は今シーズン最高の30.5℃を記録。

2013年にエアコンをDIYで設置して以来、
昨年に初めてエアコンを終日つけっぱなしにしました。

当初はちょっと贅沢と言うかもったいないのではと
思っていましたが、やっぱり快適なので寝るときも
つけっぱなしてしまいました。

エアコンは2階建ての住宅に1台(木造8畳用)で
リビングも寝室もトイレも含めて全館冷房しています。

終日運転の方が一時止めるより消費電力も少なく電気代も
安いという情報もあるので、つけっぱなしにする心理的な
抵抗も軽減しています。

昨年は23日間の連続運転をしましたが、
前年と比較すると微増でしたがあまり変わらない様子。
ただし同条件での比較結果とはいえず、
数値で判断できるデータではありません。

そこで今回は電力消費量を確認してみました。
比較したのが今週の水曜日と木曜日。

天候が晴れでほぼ同条件でした。
エアコンの運転状態は温度風量ともに同条件です。

水曜日はエアコンを朝8時から24時までON。
 16時間運転で最高気温は29.5℃
木曜日は0時から24時までの終日運転です。
 24時間運転で最高気温は30.5℃

2019-08-09_09h10_42.jpgリビングの室温は23〜26℃の範囲で変動し、
湿度は50〜40%の範囲で変動します。

スマートメーターで結果を確認したところ、
水曜日の消費電力は14.3kwh。(16時間運転)
木曜日の消費電力は14.0kwh。(24時間運転)

画像のグラフでは数値が表示されてませんが
カーソルを当てると数値が表示されました。

24時間運転の日の方が最高気温が高く条件が不利なのに
つけっぱなしの方が電気代が安いというのは事実でした。

その後も、そのままつけっぱなしにしていますが、
電気代節約のため今シーズンは終日運転を続けようと思います。

なお、窓を全く開けなくなるので
網戸の隙間をくぐり抜けてくる蚊もいなくなり、
微々たるものですが電子蚊取りの電気代も節約できています。
あ、これはリキッドボトル(薬剤代)の節約の方が大きいです。
posted by DIY建築士 at 09:20| Comment(0) | DIYでエアコン設置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。