2019年08月12日

エアコンの配管に追加断熱

2019-08-12_10h40_16.jpgエアコンを24時間つけっぱなしにすることで
消費電力・電気代を削減しています。

24時間連続運転にして以降、1日あたりの
消費電力が日に日に落ちています。

8月6日までは夕方から就寝までの
5〜6時間だけエアコンを運転していました。

8月7日は朝8時から連続エアコン運転で
8月8日以降は24時間連続運転です。

連続運転初日の14.0kwhから4日連続で
低下して、昨日は11.7kwhまで落ちました。
つけっぱなしは確実に効率がいいです。

つけっぱなしにもかかわらず、11時から22時までの
運転条件と電力消費量がほぼ変わらなくなりました。

エアコン節約関連情報を検索していて、先日
見つけたのが室外機周辺の対策による情報。

屋外配管にアルミホイル?

P1180920.JPG室外機は2階の物干しに設置してあり、
建物の東面なので11時前には日陰になります。
日射条件的には有利な場所ですが、
午前中の数時間は直射日光が当たります。

室外機本体は白色パネルなのでいいとしても
配管に巻いたテープは黒色で直射日光を
受けるとなると断熱的には非常に良くない。
外観重視で黒色を選択していました。

P1340026.JPGそこで今回検索中に見かけた配管の
断熱の強化を実施しました。

ネット情報では調理用のアルミ箔を
使用とのことでしたが、ちょうど余っていた
アルミ蒸着のクッションシートで試しました。

これは以前に風呂蓋として使っていました。
毎日シャワーだけで風呂に湯を張ることは
P1340025.JPG年に数回なので浴室から撤去したものです。

これをハサミで適当に切って、
マスキングテープて留めました。
仮止めレベルの固定です。

これで消費電力に変化が出るか、
2019-08-11_21h19_30.jpgスマートメーターで確認してみたら
配管が直射日光を受ける午前中の
電力消費が明らかに落ちていました。
(10日は未施工で11日は施工後)
直射日光の当たらない午後の電力消費は変化ない模様。

2日連続で同様の結果が出ているので
効果があると判断できそうです。

配管の断熱が標準施工では実は
不十分なのかもしれません。

全国のエアコンが標準施工で
このレベルの断熱を行えば
かなり大きな節電になるのかも。

エアコンの効きが良くなるのだから
快適性もアップするはず。
posted by DIY建築士 at 11:55| Comment(2) | DIYでエアコン設置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
少し気になったので、質問です。
エアコンフィルターの清掃頻度を教えてください。
Posted by まっくんち at 2019年08月12日 20:40
まっくんちさん コメントありがとうございます。

清掃頻度は3年に1度でした。
前回が昨年11月ですが、今後は毎年1回に
しようかと思っています。

エアコンのフィルター清掃(2018年11月)
http://diy-resort.seesaa.net/article/462698790.html
Posted by DIY建築士 at 2019年08月12日 21:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。