2019年08月19日

消火スプレーがリコール

P1330955.JPG毎月1回リコール情報のチェックをしています。
新聞は購読していないのでネット情報です。

使っているWEBサイトはリコールプラス

先月分の一覧から自宅にある簡易消火器が
リコールされているのを発見。

エアゾール式簡易消火具 6製品 液漏れの恐れ 回収&返金
製造元:エア・ウォーター・ゾル
製造年月:2019/01〜2019/04(缶底に表示)

自宅の製品を確認したところ、
製造年月が対象範囲に入ってました。

外観上は異常はありませんが、
たぶん10年くらい設置を続けるので
放置しない方がいいですね。

15年前に購入したものはまだ設置継続中ですが、
念のためビニール袋に入れた状態で設置に変更。

WEB情報でリコールの手続きを確認すると
返品後の返金(クオカード)とのことで、
お客様相談室に電話しなければいけません。

「順番におつなぎしています。」で
長時間待たされるかもしれないし、
返品するのであれば梱包や発送作業が面倒。

購入したホームセンターはほぼ毎週の外出時に
前を通るので、店舗で正常品と交換できれば処理は簡単。

そこでサービスカウンターで申し出たところ、
商品の在庫も入荷予定もないとのことで
店舗での返金となりました。手間は大きく省力化。

代替品を設置するためにネット検索すると、
リコールの影響か、類似品がどこのサイトも欠品中。

が、類似商品の中にハンドスプレー式の
消火器を見つけました。
成分は水と界面活性剤らしい。
これならDIYでいいかもと思いつく。
P1340030.JPG
カビ取り剤の空きスプレーボトルに
食器洗剤入りの水を入れました。

これならタダ同然だし、使用期限切れも
廃棄の処理も発生しません。

年に1回水を交換すればいいかな。
posted by DIY建築士 at 12:21| Comment(0) | DIYで災害に対する備え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。