2019年11月05日

ソフトバンクからMNP転出

P1150892.JPG携帯電話は音声通話専用機、
スマホはデータ通信専用機として
夫婦ともに二台持ちで運用していました。
ちょっと重いです。

夫婦2台の携帯電話は2年縛りの契約なので
2台で2万円以上になる違約金の支払いを避けるため、
携帯電話の解約を来年の夏まで延期していました。

ところが先月、総務省の指導で解約時の違約金が消滅。

これでスマホに一本化する足かせがなくなり、
音声通話付きの格安SIMに夫婦で変更することに決定。

ただし契約の解約に違約金が発生しなくなるのは
今年の10月以降の契約に対してです。
よって、そのまま解約すると違約金を請求されます。

2019-10-30_20h39_55.jpg違約金を請求されないようにするには
My SoftBank というウェブサイトにログインして
プランの変更を行い、10月以降の契約に
変更してから解約すればOKです。(翌月に反映)
実際には解約手続きではなくMNP転出手続きです。

プランは「ホワイトプランN」というプランから
「ケータイ通話プラン」への変更で何が変わるか
わかりませんが、すぐに解約なのでどうでもよく、
プラン変更で料金が月額934円が980円になるのも問題なし。

なお、MNP転出手続きはMy SoftBankにログインしても
たどり着くことはできませんでした。
通常の手続きとしてメニューに組み込まれてません。

WEB検索した結果、以下のサイトにあるリンクから
手続きに進むことができました。
MNP(ソフトバンク → 他社)手続き方法
(ずーっとスクロールして一番下の方)

「ウェブ My SoftBankにてお手続きいただけます。」
上記をクリックするとNMP転出できるMy SoftBankの
ログイン画面に遷移します。
なぜか受付時間が9時から20時までの限定です。
ここではログインでセキュリティチェックが
2段で4桁の暗証番号も入力が必要です。

2019-11-04_19h28_40.jpgこれでMNP予約番号が即時発行され
転出の手続きはWEBで終了しました。

さらに奥さんの携帯も手続きを行い
夫婦でソフトバンクから転出しました。

転入先の通信会社への転入手続きが終わると
ソフトバンクは自動的に解約になります。
posted by DIY建築士 at 10:02| Comment(0) | パソコンやモバイル機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。