2019年12月18日

賞味期限が5年経過の塩麹

P1350038.JPG塩麹がかなり前から冷蔵庫にあったのですが
奥さんが買ったものだし、私は使ったことが
ないので、そのうちに使ってしまわねばと
思いながら数年が過ぎていた模様。

夕食当番になって1年近くなることから
私が使わなければ永遠に使わなくなると判断。

ちょうどNHKの番組「ガッテン」で塩こうじが
特集されたのを見たので使ってみることに。
硬い肉でも柔らかくなるらしい。

P1350039.JPGただし冷蔵庫にあるのは賞味期限が14年5月!
期限切れてから5年と7か月か。

ほぼ使っていないが開封済み。
これは使って大丈夫なのか?

ネットで調べても参考情報は見つからず。

空気が入らないタイプの容器で
全く膨らんでないので過発酵で
ガスが出ている様子はない。

キャップを開けて香りを嗅ぐ限り
変な匂いもなくむしろ無臭に近い。
そもそも塩の入った保存食品だし
最終的には加熱料理だから大丈夫と予測。

P1350041.JPGクックパッド(ネット情報)で見つけた
鶏むね肉の塩こうじ焼きをやってみました。

そぎ切りにした鶏むね肉に塩こうじを絡めて
冷蔵庫で2時間漬け込んでから焼くだけ。

P1350043.JPG鶏むね肉は安価なのでダメになってもダメージ小。
でも全滅を避けるためと、塩こうじの柔軟効果を
比較するために4割は別の味付けにしました。
別の味付けバージョンはニンニク生姜と酒・醤油。

いずれも、焼く直前に片栗粉をまぶしました。

両方ともスキレットで焼いた結果、

P1350046.JPG塩こうじに漬け込んだ方は、
やはり肉質が柔らかくなっていました。
粕漬けっぽい香りで魚のように柔らかい。
焼き魚と言ってもわからないかも。
麹菌がしっかり肉質を変えている。
味付けも塩こうじだけでOK。旨い!

P1350045.JPGニンニク生姜と酒・醤油バージョンは
むね肉の食感そのもの。でも旨い。

記事を書いている時点で、
食後40時間ほど経過してるけど夫婦ともに
体調に異常がないので食品衛生的にもOK。

これで残りの塩こうじも消費できそう。
2か月以内をめどに使い切ろう。

麹菌を使っているのは世界でも日本だけらしい。
冷蔵庫でこれだけ持つのだから、いずれ世界で
使われるようになるのではないかと思う。
posted by DIY建築士 at 09:59| Comment(0) | 食の安全とB級グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。