2020年01月17日

洗濯機に温水配管を追加

P1250823.JPGネット記事で目に入ったのが最新の洗濯機情報で
縦型洗濯機で温水を使うのが出てきたみたい。
パナソニックのサイトを見ると温水のメリットが
大きくアピールされています。

洗剤中の酵素が活性化する温度まで洗剤液を温め、
さらに泡にすることで浸透力もアップ。
繊維の奥にしみついた、黄ばみやニオイの原因菌まで
洗い流すとのこと。

確かに皮脂汚れなどは体温以上の温度ならよく落ちるのは理解できます。
梅雨時期の部屋干しでもいやな匂いが出ることが全くなくなるらしい。

奥さんに話をしてみると
できるなら温水で洗いたいとのこと。

そんなに汚れ落ちがいいなら、
わが家の洗濯機も温水にしてみようかと計画。
DIYで配管工事できそうな気がする。

その方法は給水配管を給湯配管と入れ替えてしまうこと。
それができれば全自動のまま温水洗濯になります。
給湯器の温度設定は通常40℃なので設定変更も不要。

P1350187.JPGわが家の配管は「さや管ヘッダー工法」なので
地下室の配管設備で温水ヘッダーと給水ヘッダーを
差し替えれば洗濯機への給水配管が温水になります。

ほぼ使わない来客用トイレ手洗いが給湯配管なので
これと洗濯機の配管を入れ替えてしまえばいいのでは。

ただし、すすぎ洗浄まで全てが温水になるで
灯油代がアップするのは確実でやっぱり水に戻そう
という結果になる可能性もあります。

そうなると温水洗浄が必要な時は温水にできて、
水でいい時は通常の給水へと切り替え可能ならベストです。

P1350187.JPGそこで地下室のヘッダー配管を見ながら考えた結果
温水ヘッダーのドレンバルブから温水が引けそうです。
この部分にコネクターを取り付けて、その配管を
洗濯機の配管に割り込ませればいい。

本来洗濯機に配管されていたヘッダー(給水側)の
バルブを閉めてしまえば水は止まるので温水のみ。

P1350204.JPGこれで必要な配管部材をネットで検索したら
購入する部品はコネクター2個と給水管。
そして給水管の切断カッター。

最も安く購入できたのは配管部品ドットコム。
給水管のポリエチレン管は1mでいいんですが
10m巻を買うしかありませんでした。
それでも全部で6300円ほどでした。
P1350206.JPG5000円以上で送料無料。

給水のポリ管部材はいつのまにかコネクターが
進化していたようで驚くほど接続が簡単。

工具が必要なのはポリ管を切るときだけで
コネクターは給水管を差し込むだけです。
P1350208.JPG素手でコネクター接続が完了です。
しかも完全に差し込まれるとカラーリングが
現われる構造でミスの可能性は非常に低い。

さらに驚いたのはこのカッターの切れ味。
キッチンハサミで出汁用の昆布を切る程度の
力でサクッと切れてしまう。

P1350212.JPG作業の順番は以下のとおりでした。

まず温水ヘッダーのドレン排出口に
L型コネクターをねじ込みます。
防水テープを4巻きしてネジ込みました。
3回転で素手では目いっぱいという締め付けトルク。

そしてコネクターに給水管を差し込みます。
P1350221.JPGカチッと音がして赤い確認リングが現れます。
これでいいの?という簡単施工。

給水管の反対側は洗濯機の伸びる給水配管に
T字型のコネクターで接続します。

P1350224.JPGカッターでコネクター接続部分を切断すると
配管内の水が出てくるのでバケツで受けます。

配管途中にコネクターが入るので数センチをカット。
微調整で2回カットしましたがカッターが
スパスパ切れるので全くストレスない。

後はコネクターに3本のポリ管を差し込むだけ。
完了するとカチッと音がするのでわかりやすい。

あっけないほど作業はスムーズに終わり
P1350226.JPG後片付けを含めても1時間かかりませんでした。

まずは温水側のドレンバルブを全開にします。
次に給水側のバルブ閉鎖を確認して
洗濯機に給水してみました。

ちゃんと温水が出ています。
配管設計は問題ありません。

温水洗濯の結果は明日わかります。
posted by DIY建築士 at 16:45| Comment(4) | 掃除洗濯の合理化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
ボイラー故障の記事でたどり着きました。
私もかなりDIY好きでして、楽しそうなhpですね。
よませてもらいます
Posted by あらごるん at 2020年01月18日 15:24
あらごるんさん コメントありがとうございます。

DIYは不安な一面はあるものの
ちょっとワクワクしますよね。

参考になることがあれば幸いです。
Posted by DIY建築士 at 2020年01月18日 19:18
我が家の場合、地下室ではなく床下と壁内になるので、アクセスが容易ではない。新たに給湯配管を手洗い洗面台より分岐すれば可能だ。混合水栓にして水と湯を常時切替できるようにすれば、なお使い勝手もよくなるはずだな。
どうせなら新築時から洗面化粧台や洗濯用流し同様に混合水栓にしておくべきだった。

確かに冬季は特に、使用する側から考えても水よりもお湯の方が人にも優しいでしょうね。
Posted by まっくんち at 2020年01月19日 07:25
まっくんちさん コメントありがとうございます。

洗濯機の水栓を混合水栓にして常時切替できるのが
本当はベストですね。洗濯時に切替できれば、すすぎが
始まったら手動で切り替えて水にするとかできますから。

奥さんからの評価は高いと思います。
Posted by DIY建築士 at 2020年01月19日 09:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。